【スペック】全長×全幅×全高=4050×1740×1525mm/ホイールベース=2525mm/車重=1220kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(115ps/6000rpm、15.8kgm/4000rpm)/価格=198万円(テスト車=同じ)

シボレー・ソニック LT(FF/6AT)【試乗記】

個性的なアメリカンコンパクト 2011.11.20 試乗記 シボレー・ソニック LT(FF/6AT)
……198万円

シボレーブランドの新しい5ドアハッチバック「ソニック」が日本に導入された。GMが“ワイルド・コンパクト”とうたう新型はどんなクルマ? 早速試乗した。

シボレーは永久に不滅です

GMが誕生した頃の話を少しだけ。シボレーはGMのブランドのひとつだが、もともとは別の会社だった。GMは創設者のウィリアム・C・デュラントが1908年にビュイックを買収して自動車製造に乗り出した会社。その後もオールズモビルやキャデラックなど、次々に自動車メーカーを買収し、世界最大の自動車メーカーとして君臨した。ただし、デュラントはGM創設の2年後、銀行団から融資を受ける代わりに経営権を失う。

彼が再びGMの経営者に返り咲くべく画策したのがシボレーの買収だった。軽快で安価なクルマを試作したフランス人のルイ・シボレーを支援し、1911年にシボレー社を設立、次々にヒット作を飛ばした。しばらくしてデュラントは市場で人気を得たシボレー株とGM株を交換すると宣言。シボレー株を手に入れようと彼の前にGMの株主が殺到し、デュラントはGMのトップに返り咲いた。山崎清の著書『GM−巨大企業の経営戦略』(1969年中央公論社)にそう書いてあった。

その後、大きな不況がやってきて、彼は再び失墜するのだが、それはいいとして、ようするにシボレーは、歴史あるブランドを多々所有してきたGMにとっても、特に大事なブランドなのだ。それが証拠に、2009年に経営破綻した前後、他の自動車メーカーの株を次々と手放し、資本提携を解消し、自らのブランドをいくつも廃止したが、ビュイック、キャデラック、それにシボレーだけは何があっても手放さなかった。


シボレー・ソニック LT(FF/6AT)【短評】
運転席は6ウェイ、助手席には4ウェイの調整機能が付いたクロス張りのシート。シートカラーは「ジェットブラック」のみの設定となる。
シボレー・ソニック LT(FF/6AT)【短評】
テールライトは丸型4灯となり、フロントのデザインと足並みをそろえている。リアのドアハンドルはCピラーに組み込んだデザインを採用し、一瞬3ドアハッチバックのようにも見える。
シボレー・ソニック LT(FF/6AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シボレーMW 1.3S FF(4AT)【試乗記】 2002.12.6 試乗記 シボレーMW 1.3S FF(4AT)
    ……148.7万円

    GMグループ内の同朋、「シボレー」と「スズキ」が手を組んで送り出したコンパクトワゴン「シボレーMW」。ブラックアウトされた大きなグリルにボウタイマーク輝く「1.3S」はどんなクルマか? その魅力を探った。


  • 「ダイハツ・トール/トールカスタム」&「トヨタ・タンク/ルーミー」発表会の会場から 2016.11.10 画像・写真 2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ダイハツ・トール/トールカスタム」と、「トヨタ・タンク/ルーミー」が発売された。この姉妹車は、ダイハツが軽自動車の開発で培った技術をもって開発・製造し、トヨタはOEM供給を受けて販売する。トヨタとダイハツが共同で開催した新車発表会の様子を、写真でリポートする。CMタレントも登場!
  • 第475回:宣伝効果バツグン!?
    「フィアット124スパイダー」の教習車が登場!
    2016.11.11 エッセイ イタリアで相変わらず人気の「フィアット124スパイダー」と「アバルト124スパイダー」。あまりにも注目されるがゆえに、意外な場所で使われているというのだが……? 現地在住のコラムニスト・大矢アキオのリポート。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る