東京モーターショー2015

ルノー・トゥインゴ:今から楽しみな一台

2015.10.31 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴ
ルノー・トゥインゴ

ルノー・トゥインゴ:今から楽しみな一台

どこか「ルノー5(サンク)」に通じるデザインを持つ新型「トゥインゴ」は今から楽しみな一台だ。RRレイアウトがもたらす合理性と、「ルーテシア」譲りの0.9リッターエンジンが生み出す走りは、“ミニマムモータリング”の楽しさをきっと教えてくれるだろう。

 
ルノー・トゥインゴ:今から楽しみな一台の画像
 
ルノー・トゥインゴ:今から楽しみな一台の画像
 
ルノー・トゥインゴ:今から楽しみな一台の画像
 
ルノー・トゥインゴ:今から楽しみな一台の画像

■痛快な走りが期待できそう

世の中のダウンサイジング志向もあり、今、コンパクトカーがとても元気。東京モーターショーの会場にも新しいコンパクトカーたちが溢(あふ)れている。どれも愛らしいスタイルと高い機能性を備えており、興味深いものばかりだ。その中で、私が最も惹(ひ)かれたのが、ルノー・トゥインゴだ。

新型に、どこか懐かしさを覚えたなら、それは正解。この新型には、1972年に登場したルノーのコンパクトカー、サンクのディテールも取りこまれているからだ。このほか、丸目のフロントマスクなどに歴代トゥインゴのイメージも受け継がれている。

そんな愛嬌(あいきょう)のあるポップなデザインにばかり目を奪われてしまうが、大きな秘密はほかにある。実はこれ、RRなのだ。エンジンは、ラゲッジルーム下に位置しており、ラゲッジルームカーペットを外すと、エンジンルームにアクセスする鉄製カバーがお目見えする。このあたりもサンクを、それも高性能モデル「サンクターボ」をほうふつさせてくれるところ。

エンジンを思い切って後ろに持ってきた恩恵は、ハンドルの切れ角が大きくできることにある。コンパクトなボディーと相まって、街中での取り回しはかなり良いはずだ。さらにパワートレインは、ルノー・ルーテシアに搭載済みの0.9リッターターボにDCTを組み合わせる。より大きなルーテシアでも十分な性能を発揮するだけに、軽量コンパクトなトゥインゴなら、痛快な走りが期待できそう。

運転席にも座ったが、必要十分なスペースは確保されている印象。決して狭いとは思わなかった。これは視界の良さもあるだろう。たださすがに後席はタイト感がある。しかし、荷物や子供がメインという使い方なら、十分ではないだろうか。

新型トゥインゴは来春には、日本にも投入されるだけに、今から楽しみな一台だ。

(文=大音安弘/写真=webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2016.3.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 「ルノー・カングー」に60台の限定モデル登場 2017.6.8 自動車ニュース ルノー・ジャポンが「ルノー・カングー」の特別仕様車「オーセンティック 6MT」を発売。1.2リッターターボエンジンを搭載した「アクティフ(6MT)」をベースに、人気のオプションであるクラシックアロイホイールとマルチルーフレールを標準装備している。
ホームへ戻る