東京モーターショー2015

マツダRX-VISION:きたる節目の年に注目

2015.10.31 自動車ニュース
マツダRX-VISION
マツダRX-VISION

マツダRX-VISION:きたる節目の年に注目

今回の東京モーターショーで絶対に見逃してはいけないモデル、それは誰が何と言おうと「マツダRX-VISION」だ。ロータリーエンジンを搭載したFRのスポーツカーコンセプトという以外、一切のデータは公表されていない。いや、外形寸法やタイヤサイズなどは公表されている。“3サイズ”は4389×1925×1160mm。ホイールベースは2700mm。短く、そして実にグラマラスに幅が広い。

 
マツダRX-VISION:きたる節目の年に注目の画像
 
マツダRX-VISION:きたる節目の年に注目の画像
 
マツダRX-VISION:きたる節目の年に注目の画像

■市販モデルのデビュー時期を大胆予想!

肝心のロータリーエンジンに関しては、「SKYACTIV-R」という名だけが発表されていて、諸性能は未公表。長いボンネットを見て、外野では6ローターも可能だな……なんていう声も飛んでいた。とにかく、朝一番で行われたプレスカンファレンスは、満員札止めになってしまうほどの人気。これほど多数のプレスが集まったカンファレンスは、過去の東京モーターショーでは経験がないほどで、いかにこのクルマが注目されていたか、その人気が高かったかがわかる。

見逃してはいけないと書いたが、実際目にしてもその内容がわかるわけではないから、ある意味ではデザインスタディーを見るだけ。しかし、SKYACTIV-Rとはどんなロータリーエンジンなのか。量産モデルになったら、果たしてその姿には、このコンセプトからどの程度までDNAが受け継がれるのか等々、自然と妄想が広がるモデルである。

なにより、きたる2017年はマツダ・ロータリーのデビュー50周年、そして2020年はマツダ100周年の年である。このあたりで何かが起きそうな気配がありありだ。

(文=中村孝仁/写真=峰 昌宏)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。