第323回:大切なのは農業を元気にすること
「ヤンマーYTシリーズ」をデザインした奥山清行氏にインタビュー

2015.11.04 エッセイ
奥山清行氏と「ヤンマーYT5113 リミテッドエディション」。

ヤンマーのカッコよすぎるトラクター「YTシリーズ」、そのデザインに込められた思いとはなんなのだろうか。同社の取締役としてデザインに携わる奥山清行氏に聞いた。

奥山氏は2013年4月1日付でヤンマーホールディングスの社外取締役に就任した。
東京モーターショー2015のKEN OKUYAMA DESIGNブースに展示された「ヤンマーYT5113 リミテッドエディション」。
 

デザインとはそもそも“泥臭い”仕事

奥山清行さんは、ゼネラルモーターズ(GM)、ポルシェ、ピニンファリーナで数々のクルマをデザインし、フェラーリを手がけた初の外国人デザイナーとなるなど、世界的に活躍するデザイナーだ。そんな奥山さんが2013年4月、ヤンマーの取締役に就任するというニュースには、正直驚かされた。

奥山清行氏(以下、奥山。敬称略):ねえ、普通驚きますよね! フェラーリやっていた人間がなんでヤンマーなんだって。でも、僕はデザインというのはそもそも泥臭いものだと思っているんです。これまでGMとかポルシェとかでやってきましたけど、デザインというのは、地面をはいつくばるような仕事なんです。
モノというのは、まず自らお客さんのところに行って現状を知り、帰ってきてみんなでケンカしながら汗水流しながら作りあげるものですから。粘土の模型を作るのもはいつくばって作業しますし、絵を描く時は服も真っ黒になります。デザイナーってそういう商売なんですよ。
フェラーリのデザイナーだなんていうと、すまして作っていそうですけど、実際はケンカしまくって、ツバ飛ばしまくって作っていました。そういった泥臭いところって、一般の方はあまりご存じないかもしれませんが、僕としてはごく自然なことなんです。

――それにしてもヤンマーというのは意外でした。

奥山:完成したブランドよりも、お化粧ベタな女性みたいな、上手にやればもっといいブランドになるのになというクライアントの方が仕事のしがいがあるんです。
ヤンマーは語るのが下手というか、自分たちの商品の魅力をお客さまやそれ以外の人に伝えるのがとても下手なんですね。
現代は、その商品の背景にあるストーリーが伝わってこそ、そこで初めて魅力的な商品になる時代なんですよ。その部分が下手なんです。
これを何とかしなければと、僕と(総合プロデューサーとして、ヤンマーブランドの戦略推進を担当する)佐藤可士和君と一緒に、ブランドの魅力をどうやって伝えるかを考えています。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ