第322回:日産は自動運転に本気です!
「IDSコンセプト」に見る次世代モビリティー

2015.11.01 エッセイ
東京モーターショー2015に出展された「日産IDSコンセプト」。
東京モーターショー2015に出展された「日産IDSコンセプト」。

2015年10月28日、日産自動車は第44回東京モーターショーの会場で、自動運転技術を盛り込んだ電気自動車(EV)「IDSコンセプト」を発表した。その技術的な特徴や開発の課題など、日産の取り組みをリポートする。 

自動運転技術を搭載する「IDSコンセプト」の説明会は、東京モーターショーに先駆けて、日産の先進技術開発センター(神奈川県厚木市)で行われた。写真は、EV「リーフ」をベースにした「ニッサン・インテリジェント・ドライビング」の自動運転実験車両。
自動運転技術を搭載する「IDSコンセプト」の説明会は、東京モーターショーに先駆けて、日産の先進技術開発センター(神奈川県厚木市)で行われた。写真は、EV「リーフ」をベースにした「ニッサン・インテリジェント・ドライビング」の自動運転実験車両。
自動運転技術の開発体制について説明する、日産の浅見孝雄専務執行役員。
自動運転技術の開発体制について説明する、日産の浅見孝雄専務執行役員。
「IDSコンセプト」のサイドビュー。Bピラーはなく、ドアは観音開きになっている。
「IDSコンセプト」のサイドビュー。Bピラーはなく、ドアは観音開きになっている。

2020年には街で乗れる

IDSコンセプトは「ニッサン・インテリジェント・ドライビング」という、日産が目指す自動運転のコンセプトから生まれた。

2013年8月、日産のカルロス・ゴーン社長兼CEOは「2020年までに革新的な自動運転技術を複数車種に搭載する」と宣言した。
その後「2015年度中に商用車を含めたほぼ全てのカテゴリーでエマージェンシーブレーキを採用する」と明言し、2015年10月29日には「高速道路から一般道までの自動運転が可能な実験車両での公道テストを開始した」と発表。自動運転に向けたさまざまな取り組みが行われている。

自動運転の実用化には、技術的な面もさることながら、法律上解決すべき問題も残されているが、日本政府も2020年の自動運転実用化を目指し、特区制度を活用した実証実験などを積極的にバックアップし始めたようだ。
事がうまく運べば、東京オリンピックまでに自動運転のタクシーが東京都内を走ることになるのだろう。まさしく近未来である。

そんな中で今回発表されたIDSコンセプトには、日産は自動運転をどうあるべきだと考えているのか、自動運転技術をどのように進化させていきたいのか、そのメッセージが込められているように感じた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ