スズキ・エスクード(4WD/6AT)

スズキの良心を感じる 2015.11.05 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」。スズキがハンガリーで生産する世界戦略車の実力を試した。

スズキの世界戦略を支えた立役者

エスクードが誕生したのは1988年のこと。当時の四駆といえば「ハイラックス」ベースの「トヨタ・ハイラックスサーフ」や、“ダットラ”ベースの「日産テラノ」が幅を利かせていた。そんな時代に、排気量が最小で1.6リッターという小さなモデルに隙間的なニーズを見いだすことができたのは、間違いなく「ジムニー」の経験があってのことだろう。

ラダーフレームに上屋を載せる本格的なシャシーに副変速機を備えるパートタイム4WDの組み合わせとなる初代エスクードは、バカ売れとは言わずとも、日本のみならず世界の各地で一定の支持を得て、スズキの国際的なポジションの足場固めに大きな役割を果たした。そのメカニズムは2代目にも受け継がれ、3代目では当時主流となりつつあったビルトインモノコック構造を採用。それでもセンターデフロックを備えた本格的な縦置きドライブトレインの搭載は守りつつ、今日に至った。

その3代目エスクードは、搭載されるエンジンの排気量に倣い「エスクード2.4」として販売を継続しつつ、先ほど新たに加わったのが4代目となる新型エスクードだ。話はややこしいが、完全なモノコックボディーにエンジンを横置きで搭載し、電子制御のフルタイム4WDで駆動するまったく新しいSUV……という新型の素性を思えば、前型はトーイングなどの高荷重にも適するヘビーデューティー向けのニーズを受け持つものであることはおのずと察せられる。

「スズキ・エスクード」は1988年にデビュー。初代、2代目はコンパクトクラスだったが、3代目は実質「グランドエスクード」の後継を担うミドルサイズSUVとして登場。4代目で、ふたたびコンパクトクラスに戻る格好となった。
4代目「エスクード」のインテリア。内装色は黒のみ。インストゥルメントパネルには金属調の装飾パネルが装着されている。
シート表皮は本革とスエード調合皮のコンビタイプ。4WD車の前席には、2段階の温度調整機構付きシートヒーターが備わる。
6:4分割可倒式のリアシート。構造はシンプルで、センターアームレストやアームレストスルーなどは用意されていない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
  • 「スズキ・ソリオ」に32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場
    2016.11.29 自動車ニュース スズキが「ソリオ」のフルハイブリッドシステム搭載車を発売。このシステムは1.2リッター直4エンジンに走行用のモーターと5段ロボタイズドMTを組み合わせたもので、スズキが独自に開発。燃費は32.0km/リッターと公称されている。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
ホームへ戻る