フォード・エクスプローラーXLTエコブースト(FF/6AT)

道具として研ぎ澄まされている 2015.11.04 試乗記 大幅改良により、新たに2.3リッターターボエンジンが搭載された「フォード・エクスプローラーXLTエコブースト」。0.3リッターの排気量アップがもたらした走りの変化を確かめるとともに、あらためてエクスプローラーというクルマが持つ魅力に触れた。

コワモテは時代の潮流

なんだかんだ言ってSUVには強い顔が求められるようだ。4年前、ラダーフレームを捨てパワートレインを横置きするという大改革に合わせ、ボディーと一体化したフロントマスクを得たフォード・エクスプローラーがビッグマイナーチェンジを受け、存在感のあるグリルとヘッドランプを取り戻した。

それは5カ月ほど前に実施された、「三菱アウトランダー」のマイナーチェンジに似ている。あちらも当初はスマートなボディーフォルムに合う近未来的な顔が与えられていたものの、欧州市場での存在感を高めるべく、最近アグレッシブな表情に一新された。

こういう手直しの場合、フロントとそれ以外の整合性が気になるところだが、エクスプローラーの場合、現行型でモダンになったとはいえパッケージングは箱に近いし、新たに導入されたフロントマスクは先代のそれに似ているから、スッと入り込める。

もうひとつのトピックはエンジンだ。2012年に上陸して話題を振りまいた2リッター直列4気筒ターボのエコブーストが2.3リッターに拡大し、3.5リッターV型6気筒にもエコブーストが加わる。ただし後者は2016年導入とのことで、今回乗ったのは2.3リッターのXLTエコブーストだった。

2015年10月の大幅改良では「Rugged(力強さ)」をテーマにエクステリアデザインを変更。特にフロントマスクについては、ヘッドランプ、グリル、バンパー、フェンダーパネルの全ての意匠が一新された。
2015年10月の大幅改良では「Rugged(力強さ)」をテーマにエクステリアデザインを変更。特にフロントマスクについては、ヘッドランプ、グリル、バンパー、フェンダーパネルの全ての意匠が一新された。
「XLTエコブースト」のインテリア。新開発のドアシールの採用により、車内空間の静粛性が高められている。
「XLTエコブースト」のインテリア。新開発のドアシールの採用により、車内空間の静粛性が高められている。

現在の「エクスプローラー」のラインナップは、3.5リッターV6エンジンを搭載した4WDモデルの「リミテッド」と「XLT」、2.3リッターターボを搭載したFFモデルの「XLTエコブースト」の3種類。2016年には、ここに3.5リッターV6ターボの4WDモデル「タイタニアム」が追加される。


	現在の「エクスプローラー」のラインナップは、3.5リッターV6エンジンを搭載した4WDモデルの「リミテッド」と「XLT」、2.3リッターターボを搭載したFFモデルの「XLTエコブースト」の3種類。2016年には、ここに3.5リッターV6ターボの4WDモデル「タイタニアム」が追加される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
ホームへ戻る