第324回:次世代技術の体感イベント「2015 Honda Meeting」(後編)
燃料電池車、自動運転……ホンダの描く近未来のモビリティーをリポート

2015.11.05 エッセイ
ホンダの新型燃料電池車。第44回東京モーターショーで「クラリティ フューエル セル」という車名が発表された。
ホンダの新型燃料電池車。第44回東京モーターショーで「クラリティ フューエル セル」という車名が発表された。

本田技術研究所の栃木プルービンググラウンドで開催された、ホンダの次世代技術を報道関係者向けに公開するイベント「2015 Honda Meeting」をリポート。後編では新型の燃料電池車や、2020年の実用化に向けて研究を進めている自動運転の技術などを報告する。

新型燃料電池車のインストゥルメントパネルまわり。同車には外部給電機能が備わっており、可搬型インバーターボックスで電力を供給している間は、メーターに「外部給電」の文字が表示される。
新型燃料電池車のインストゥルメントパネルまわり。同車には外部給電機能が備わっており、可搬型インバーターボックスで電力を供給している間は、メーターに「外部給電」の文字が表示される。
新型燃料電池車のフロントシート。
新型燃料電池車のフロントシート。
バッテリーの改良と搭載レイアウトの変更により、3人乗りのリアシートを実現している。
バッテリーの改良と搭載レイアウトの変更により、3人乗りのリアシートを実現している。
新型燃料電池車のカットモデル。FCスタックなどがエンジンルームにまとめられていることが分かる。
新型燃料電池車のカットモデル。FCスタックなどがエンジンルームにまとめられていることが分かる。
新旧FCスタックの比較。新型スタック(写真右)は、旧型(同左)に比べてほぼ同出力で容積が33%コンパクトになっている。
新旧FCスタックの比較。新型スタック(写真右)は、旧型(同左)に比べてほぼ同出力で容積が33%コンパクトになっている。

5人乗りを実現した新型FCV

新開発の燃料電池車(FCV)は、2008年にホンダが発表した「FCXクラリティ」とは設計思想をガラリと変えたのが目新しい。FCXクラリティは、センタートンネルに燃料電池(FC)スタックを縦置きにした設計が特徴だった。これに対して新型FCVは、FCスタックの出力は100kW以上と、100kWのクラリティ並みを確保しながら、スタックの容積を約33%小型化し、モーターや制御ユニットと一体化して前部のエンジンルーム内に収めている。

従来とは車両レイアウトを変えた理由としてホンダは二つの理由を挙げる。一つは、室内スペースの拡大だ。クラリティはFCスタックをセンタートンネルに収めているためトンネルの断面積が大きくなり、結果として後部座席に2人しか座れず、乗車定員は4人となっていた。ちなみに、同じように客室のフロア下にFCスタックを収めるトヨタ自動車のFCV「ミライ」でも、乗車定員は4人だ。これに対して、ホンダの新型FCVはフラットなフロアを実現することにより、乗車定員を5人に増やすことができた。

もう一つの理由は、多車種展開がしやすいことだ。新開発のFCとモーター、制御ユニットを一体化したパワートレインは、全体としての寸法をV型6気筒エンジン並みに抑えている。このため、V6エンジンを搭載している車種には、理屈としては搭載できることになる。もちろん、実際にFCVとするためには、ほかに水素タンクやバッテリーも搭載することが前提になるが。

33%小型化した新開発のFCスタックの出力密度(単位容積あたりの出力)は、トヨタ・ミライとまったく同一の3.1kW/リッター。これに対し、従来型のスタックは2kW/リッターだった。出力密度を1.5倍にできた理由は二つ。一つはスタックを構成するセルの厚みを約20%薄くしたこと。そしてもう一つは、セルの厚みを薄くしたにもかかわらず、セルの単位面積当たりの発電量を増やしたことにある。まだ詳細は明らかにされていないが、電解質膜の特性向上が寄与していると考えられる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クラリティ フューエルセルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る