安全性能を高めたフィアット・パンダ発売

2015.11.04 自動車ニュース

安全性能を高めた「フィアット・パンダ」発売

FCAジャパンは、「フィアット・パンダEasy」に衝突被害軽減ブレーキを標準装備としたうえで、2015年11月4日に発売した。

今回、パンダEasyの仕様が変更され、「シティブレーキコントロール」が標準装備となった。
これは、レーザーセンサーを使った衝突被害軽減ブレーキシステムで、30km/h未満で走行中に前方の車両に追突する可能性がある場合、自動的にブレーキを作動させる。

パワーユニットは875ccの2気筒ターボで、トランスミッションは5段AT。価格は、据え置きの213万8400円となっている。

(webCG)

「フィアット・パンダEasy」
「フィアット・パンダEasy」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パンダの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る