ジャガーXJに装備を強化した2016年モデル登場

2015.11.04 自動車ニュース
2016年モデルの「ジャガーXJ」。
2016年モデルの「ジャガーXJ」。

「ジャガーXJ」に装備を強化した2016年モデル登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2015年11月4日、「ジャガーXJ」2016年モデルの受注を開始した。

 
ジャガーXJに装備を強化した2016年モデル登場の画像
 
ジャガーXJに装備を強化した2016年モデル登場の画像
 
ジャガーXJに装備を強化した2016年モデル登場の画像
 
ジャガーXJに装備を強化した2016年モデル登場の画像
 
ジャガーXJに装備を強化した2016年モデル登場の画像
 
ジャガーXJに装備を強化した2016年モデル登場の画像

■新開発のインフォテインメントシステムを搭載

ジャガーXJの2016年モデルでは、ラインナップに「XJオートバイオグラフィー ロングホイールベース」「XJ 3.0ラグジュアリー」の2グレードを追加。全6種類のグレード展開とした。

デザインについても一部を変更しており、エクステリアでは新デザインのフロントマスクを採用。グリルのサイズを大型化するとともに、「J」の文字を2つ並べたような“ダブルJ”デザインのフルLEDヘッドランプを採用した。またリアコンビランプも「J」のデザインを取り入れた新意匠のものとなっている。

装備面では、8インチの静電式タッチスクリーンを用いた新開発のインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を採用したほか、オプションで10.2インチHDスクリーンを搭載したプレミアムリアシートパックを設定した。またメーターパネル全体を液晶ディスプレイとした「12.3インチTFTインストルメント・クラスター」については、4種類のデザインからなるメーター表示に加え、カーナビゲーションシステムの画面も表示することが可能となった。

運転支援システムとしては、アダプティブ・クルーズ・コントロールを装備するほか、ブレーキとアクセルペダルを操作するだけで縦列駐車、並列駐車、および出庫を自動で行うパークアシストをオプションで用意。車速感応式電動パワーステアリングや、操舵(そうだ)補助機能付きのレーンキープアシスト、自動緊急ブレーキ、滑りやすい路面などで車速をドライバーが設定した速度(3.6km/hから30 km/hまでの間)に保つ「オールサーフェイス・プログレスコントロール(ASPC)」などを標準装備している。

ボディーカラーは「ポラリスホワイト」「エボニー」「アルティメットブラック」「ダークサファイヤ」「グレーシャーホワイト」「ロジウムシルバー」「アンモナイトグレイ」「クオーツァイト」「オーロラレッド」「ブリティッシュレーシンググリーン」「イタリアンレーシングレッド」「オデッセイレッド」「テンペストグレイ」「セルスティアルブラック」「ブラックベリー」「ストームグレイ」「インゴット」の17種類。ラインナップと価格は以下の通り。

・XJ 2.0ラグジュアリー:977万円
・XJ 3.0ラグジュアリー:1100万円
・XJプレミアムラグジュアリー:1202万円
・XJポートフォリオ:1360万円
・XJR:1834万円
・XJオートバイオグラフィー ロングホイールベース:2016万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XJの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入 2016.9.16 自動車ニュース ジャガーが「XJ」の2017年モデルを発表。新グレードとして「Rスポーツ」を設定したほか、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に採用。スマートフォンを利用した空調の遠隔操作などを可能とする通信機能を初導入した。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る