アバルト595コンペティツィオーネの限定車発売

2015.11.04 自動車ニュース
「アバルト595コンペティツィオーネ スコルピオ」
「アバルト595コンペティツィオーネ スコルピオ」

特別な「アバルト595コンペティツィオーネ」限定発売

FCAジャパンは2015年11月4日、「アバルト500」シリーズの特別仕様車「アバルト595 Competizione Scorpio(コンペティツィオーネ スコルピオ)」を発表した。同年11月14日に、200台限定で販売を開始する。

メタリックブルーのボディーカラーが特別色として設定される。
メタリックブルーのボディーカラーが特別色として設定される。
 
アバルト595コンペティツィオーネの限定車発売の画像
「エッセエッセ ブレンボ キット」
「エッセエッセ ブレンボ キット」

アバルト595コンペティツィオーネ スコルピオは、アバルトブランドの創始者であるカルロ・アバルトの誕生月と星座(11月15日のさそり座)にちなんで毎年11月に設定される「Scorpion Month(スコーピオン・マンス)」を記念した限定車。

ベースモデルは「アバルト595コンペティツィオーネ」で、特別色のメタリックブルーとメタリックレッドのほかホワイトとレッド、計4種のボディーカラーが設定される。さらに、ダークグレー仕上げのパーツ類(ヒーテッド電動ドアミラー/フロントエンブレム/ドアハンドル/リアドアハンドル/リアエンブレム)でドレスアップされる。

ブレーキの性能とフィーリングを大幅に向上させるとうたわれる「エッセエッセ ブレンボ キット」(7ツインスポーク17インチアロイホイール、205/40R17タイヤ、ブレンボ製4ポッドフロントブレーキキャリパー<レッドまたはイエロー>、大型フローティングローター)も、特別装備のひとつだ。

エンジンは1.4リッター直4ターボ(最高出力160ps、最大トルク21.0kgm)で、トランスミッションは5段MTと5段ATが選べる。

ボディーカラー別の販売台数とMT車の価格は、以下の通り。AT車は各16万2000円高となる。
・ホワイト(Bianco Gara):50台/353万1600円
・レッド(Rosso Officina):20台/353万1600円
・メタリックブルー(Blu Metalizzato):65台/358万5600円
・メタリックレッド(Rosso Cordolo):65台/358万5600円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

595コンペティツィオーネの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト595 2017.2.20 画像・写真 FCAジャパンは2017年2月17日、マイナーチェンジを施した「アバルト595」シリーズを発表した。発売は2月25日。前後バンパーのデザインがよりアグレッシブになり、エアインテークには「ABARTH」の浮き文字があしらわれた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • 「アバルト595」シリーズがマイナーチェンジ 2017.2.20 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月17日、マイナーチェンジを施した「アバルト595」シリーズを発表した。同年2月25日に発売する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • FCA合同試乗会(前編)【試乗記】 2016.4.16 試乗記 大磯ロングビーチに特設のジムカーナコースが出現! FCAがフィアット、アルファ・ロメオ、アバルトの最新モデルを一度に試すことができる特別試乗会を開催した。前編では、刺激的な走りが身上の、アバルト各モデルの魅力をリポートする。
ホームへ戻る