第110回:リメイク作でも銀行強盗の運転手は損をする
『クライム・スピード』

2015.11.06 エッセイ

元ネタはマックイーンが主演

映画業界のネタ切れ感は根深いようで、今年は『ターミネーター』『ジュラシック・パーク』『マッドマックス』などリブート作が相次いだ。『スター・ウォーズ』もエピソード7の公開が控えている。来年もこの傾向が続くが、目立つのはリブートというよりリメイク作だ。『ベン・ハー』『荒野の七人』『パピヨン』といった名作が、新たな装いで復活することになっている。高倉 健主演で中国で大ヒットした『君よ憤怒の河を渡れ』も、ジョン・ウーの手によって仕立て直されるらしい。

誰もが知っている傑作ならば、リメイク版もある程度の観客動員が見込める。映画会社が安全策を取りたくなるのはわからないでもない。ただ、今回紹介する『クライム・スピード』は、ちょっと事情が異なる。リメイク作ではあるが、元ネタがあまり有名とは言えないのだ。『セントルイス銀行強盗』という1959年の作品で、日本では劇場未公開である。主演はスティーブ・マックイーンだが、まだ駆け出しの頃だ。TVドラマの『拳銃無宿』に出演してようやく人気が出始め、その後1960年の『荒野の七人』、1963年の『大脱走』でスター街道を駆け上っていく。

50年以上前の作品であり、スティーブ・マックイーンが死去してからも35年が経過している。原作のネームバリューには頼れないのだから、リメイクしようと考えたのはストーリーラインがよほど魅力的だったからなのだろう。『セントルイス銀行強盗』でマックイーンが演じたのは、何かのトラブルで大学を退学になってしまった元フットボール選手だ。彼は復学の資金を稼ぐために銀行強盗の仲間になり、身を滅ぼしていく。

1953年にセントルイスで銀行強盗事件が起きており、この映画はそれを題材にしている。しかも、実際に事件に遭遇した銀行員や警官が自分自身の役で登場しているのだ。その効果なのか、映像はドキュメンタリー的な色合いを帯びて生々しい。

© Copyright 2014 Glacier Entertainment SARL of LuxembourgALL RIGHTS RESERVED.
 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。