メルセデス・ベンツS300hエクスクルーシブ(FR/7AT)

これぞSクラスの決定版 2015.11.09 試乗記 「Sクラス」のエントリーモデルにして、日本市場初のディーゼルハイブリッド車「メルセデス・ベンツS300h」に試乗。ディーゼルエンジンとモーターが織りなす走りは、最上級サルーンにふさわしいパワーとマナーを備えているのだろうか?

今やハイブリッドが“買い得グレード”に

新しいS300hの末尾“h”がハイブリッドを意味するのは、レクサスと同じ命名ロジックである。

先代Sクラスに用意されていたハイブリッドの車名は「HYBRID」といういかにも長ったらしい表記だった。性能的にもヒエラルキー的にも、どことなく実験的なニッチモデルの雰囲気を醸し出していた。現行「Eクラス」にもハイブリッドがあるが、車名のわずらわしさや実験的(というか様子見的)な性格が否定できないのは先代Sクラス同様である。

しかし、新しいSクラスでは、ハイブリッドであることをことさらに強調しない。末尾の小文字アルファベットで素性をシレッと表現するだけ。大切なのは車格を示す「300」という3ケタ数字のほうである。

というわけで、今回の主題であるS300hはハイブリッドであると同時に、その数字からイメージされるとおり、新しいSクラスのエントリーモデルでもある。そのひとつ上に位置づけられるのが、先に発売された「S400h」だ。今のSクラスのラインナップはこうして、ハイブリッドがなに食わぬ顔(?)で、買い得グレードとして座るようになった。

ちなみにS300hはドイツをはじめとするEU市場でも、同じくSクラスのエントリーモデルとして販売される。先代Sクラスにハイブリッドが登場したときなどは「ドイツもとうとうハイブリッドの軍門に下ったか!?」だの「いや、欧州人はハイブリッドなど認めていない。ただのポーズだ」と賛否両論うずまいたものだが、時代も変わったものである。

「S300h」には標準型のほか、今回テストした装備充実仕様の「S300hエクスクルーシブ」、さらにロングホイールベースモデル「S300hロング」がある。
「S300h」には標準型のほか、今回テストした装備充実仕様の「S300hエクスクルーシブ」、さらにロングホイールベースモデル「S300hロング」がある。
「S300hエクスクルーシブ」にはAMGスポーツステアリングやステンレスのアクセル&ブレーキペダルなど、スポーティーなアイテムが標準で備わる。右ハンドルのみの設定。
「S300hエクスクルーシブ」にはAMGスポーツステアリングやステンレスのアクセル&ブレーキペダルなど、スポーティーなアイテムが標準で備わる。右ハンドルのみの設定。
ハイブリッドシステムは2.15リッター(2142cc)の直4ディーゼルエンジンと電気モーターによって構成される。JC08モード燃費は20.7km/リッター。
ハイブリッドシステムは2.15リッター(2142cc)の直4ディーゼルエンジンと電気モーターによって構成される。JC08モード燃費は20.7km/リッター。
「S300hエクスクルーシブ」にはAMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー、サイドおよびリアスカート)が標準で装着される。
「S300hエクスクルーシブ」にはAMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー、サイドおよびリアスカート)が標準で装着される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る