トヨタ・クラウンアスリートS-T(FR/8AT)

“新しいクラウン”への挑戦 2015.11.06 試乗記 注目すべきは2リッター直4ターボエンジンの採用だけにあらず。マイナーチェンジを受けた「トヨタ・クラウン」の実力を試した。

走りの進化やデザイン変更の先にあるもの

2012年12月に登場した14代目クラウンがマイナーチェンジ。スポーティー仕様の「クラウン アスリート」に加わった、直列4気筒直噴ターボエンジン搭載モデルに試乗した。
なお、このエンジンと組み合わされる駆動方式はFR(後輪駆動)のみ。この仕様がラインナップに加わったことで、アスリートの2.5リッターV6モデルからはFR車がなくなり、4WD車のみとなった。

外観の大きな変更点はふたつ。まず、ロー&ワイド感を強調するためにフロントグリルがバンパー下端まで広げられた。クラウン アスリートのグリル形状はビートたけしの「コマネチ!」のポーズに似ていることから、一部の自動車ファンの間では“コマネチ・グリル”と呼ばれている。今回の意匠変更によって、「コマネチ!」の動きがさらにダイナミックになった。
もうひとつはリアコンビランプのデザインで、注意深く見ないとわからないが、丸形のランプが大径化され、内部のデザインも変更されている。

2リッターの直4を積むクラウンに満足、納得できるのかと思いながら走りだすが、まず感じたのはボディーのしっかり感だった。一般道でも、イヤらしいつなぎ目が連続する首都高速でも、がっちりしている。
金属の板を組み合わせたというより、金属の塊から削り出したかのような剛性感は、ちょっとBMWっぽい。マイナーチェンジにあたっては、構造用接着剤の採用と90カ所以上におよぶスポット溶接の増し打ちでボディー剛性の強化が図られたというが、その効果は確実に表れている。

エンジンよりまずボディー剛性に目が行ったということは、すなわち2リッターの直4に不満を感じなかったということでもある。
一般に、「ダウンサイジングしたエンジン+ターボチャージャー」の組み合わせだと、発進時のタイヤのひと転がり、ふた転がりの力感が物足りないケースがある。けれどもクラウン アスリートの場合は、エンジンの極低回転域から有効なトルクが感じられるのだ。

ターボチャージャーによる過給は、指摘されなければ自然吸気エンジンだと勘違いするほど自然だ。アクセルペダルを踏み込めば、「コーン」という乾いた音の高まりとともに、気持ち良くパワーが盛り上がる。
素早く、かつスムーズにシフトする8段ATにも文句はない。ただし、樹脂製のシフトパドルの手触りはイマイチ。“コマネチ・グリル”を大型化する予算があるのなら、こちらに回してアルミ削りだしのシフトパドルにしてほしかった。

ワインディングロードに持ち込むと、「これがクラウン?」というフレーズが口を衝(つ)くほど敏しょうに走る。ステアリングホイールを操作すると、間髪入れずにスパッと正確に向きを変える。しなやかな乗り心地とシャープなハンドリングを両立しているあたり、サスペンションのセッティングがうまくいっているのはもちろん、先述したボディーの強化も大いに貢献しているとニラんだ。
走行制御モードで「スポーツ」を選ぶと、エンジンのレスポンスが一段と鋭くなり、ステアリングホイールの手応えもグッと男らしくなる。確かにこのクルマは“アスリート”だ。

面白いと思ったのが、オプションで12色ものカラーバリエーションが用意されていることで、写真の青系だけでも3種類もある。クラウンといえば白・黒・銀のイメージだけれど、空色のクラウンも新鮮だ。
走行性能といい、デザインといい、色といい、クラウンが新しい“クラウン像”にチャレンジしていることが感じられた。「昔の名前で出ています」ではないのだ。

(文=サトータケシ/写真=郡大二郎)

【スペック】
全長×全幅×全高=4895×1800×1450mm/ホイールベース=2910mm/車重=1610kg/駆動方式=FR/エンジン=2リッター 直4 DOHC 16バルブ ターボ(235ps/5200-5800rpm、35.7kgm/1650-4400rpm)/トランスミッション=8AT/燃費=13.4km/リッター(JC08モード)/価格=450万円
 

「クラウン アスリート」に新たに設定された2リッター直4直噴ターボエンジン。「レクサスNX」から導入が進められているパワーユニットで、クラウンのものは235psの最高出力と35.7kgmの最大トルクを発生する。

ひとつの光源で、ロー/ハイの切り替えが可能な「Bi-Beam LEDヘッドランプ」。デイライト機能付きのLEDクリアランスランプが装備されている。
3.5リッター車と同じく、2リッターターボ車にはテールパイプにマフラーカッターが装着される。
「クラウン アスリートS-T」のインストゥルメントパネルまわり。走行モードの切り替えは、センタークラスター下段のタッチスクリーンで操作する。
センターアームレストの収納スペースは、左右のどちらからでも開けられる。
3.5リッター車や2.5リッター車とは異なり、2リッターターボ車にはアイドリングストップ機構が装備されている。
テスト車には「ジャパンカラーセレクションパッケージ」としてオプション設定される、「天空(ソラ)ピュアブルーメタリック」というボディーカラーが用いられていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

クラウン アスリートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る