クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション(FF/7AT)

“得意科目”のはずなのに 2015.11.10 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロ」に、1リッター直3ターボエンジンを搭載した「ブルーモーション」が登場。300台限定で導入された“燃費スペシャル”の実力を試す。

燃費を突き詰めた限定モデル

若いころ、「K70」なんていう超レアモデルを所有し、今は「ゴルフワゴン」とポロに乗っている知り合いがいる。フォルクスワーゲン(VW)が聞いたら涙を流すようなVWファミリーだ。
ゴルフワゴンは10年前の旧型なので、リッター10kmいくかいかないかだが、ふだん奥さんが乗っている1.2リッター4気筒ターボの現行ポロは普通に使っていてリッター20km走るという。

「そんなに燃費がいいのか!?」と驚いたポロのさらなる燃費スペシャルが“ブルーモーション”である。日本ではひと足先に「アウディA1」でお目見えした1リッター3気筒ターボを搭載し、空力効果で燃費に寄与する前後バンパーやサイドスカートやアルミホイールなどを特装している。
ポロ ブルーモーションのJC08モード燃費は23.4km/リッター。1.2リッターモデル(22.2km/リッター)をしのぐのはもちろん、同じパワーユニットの「アウディA1 1.0 TFSI」(22.9km/リッター)にも競り勝つ。

そんなケッコウなポロなのに、レギュラーモデルではなく、300台の限定販売。アウディに先陣を切られてしまって、フテくされちゃったのかと思ったら、そうではなく、燃費スペシャルとしての特別感を出すために、最初はあえて限定の枠をはめたのだという。

「ポロ ブルーモーション」のインストゥルメントパネルまわり。オーディオ操作機能付きのレザーステアリングが標準装備される。
「ポロ ブルーモーション」のインストゥルメントパネルまわり。オーディオ操作機能付きのレザーステアリングが標準装備される。 拡大
テスト車のフロントシートにはオプションのシートヒーターが装備されていた。
テスト車のフロントシートにはオプションのシートヒーターが装備されていた。 拡大
「ブルーモーション」のシートには、前席、後席ともにブルーのステッチが施されている。
「ブルーモーション」のシートには、前席、後席ともにブルーのステッチが施されている。 拡大
テールゲートに備えられた「BLUEMOTION」のバッジ。
テールゲートに備えられた「BLUEMOTION」のバッジ。 拡大
注目の記事PR
  • これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。
    これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。 ホンダアクセス
注目の記事一覧へ

いかにも“エコユニット”な3気筒ターボ

たとえブルーモーションでも、ポロや「up!」のようなコンパクトVWに個人的にまず期待したいのは、走りのエモーションや楽しさである。
祝日の休み、高速道路が混み始める前にと考え、未明5時過ぎにスタートして、行きつけの峠道を目指す。肌寒い朝だったが、コールドスタート後、数分走ったらユルユルと温風が出てきた。暖機が素早いのはエコユニットの証しである。

up!の999cc3気筒をターボ化したエンジンは95ps。ポロの1.2リッターターボを5ps上回り、16.3kgmのトルクは同一だ。75psと9.7kgmのup!に比べると、トルクのアップが著しい。
だが、乗ってみるとハイパワーターボ的なキャラではなく、たしかにトロ火で回っているクリーンエンジン的な印象が強い。パワーは十分だが、おとなしいのだ。キビキビ感は1.2リッターターボのほうがあると思う。

マナーのよさはup!のノンターボユニットそのままである。停車するとアイドリングストップするから、スローのエンジン回転を経験するチャンスはそう多くないが、回っている時でも3気筒にありがちなプルプルした音や振動は出ない。バランサーシャフトなしでこの静けさは立派だ。むしろもうちょっと3気筒“らしさ”があってもいいのになと感じるほどである。

変速機はポロでおなじみ乾式デュアルクラッチの7段DSG。up!の自動5段MTと比べると変速品質の差は明らかで、エンジンを1気筒マイナスしてもポロはポロと感じさせるクオリティー感はこのトランスミッションの貢献大である。

メーカー純正インフォテインメントシステム「714SDCW」。シートヒーターとのセットでオプション設定される。
メーカー純正インフォテインメントシステム「714SDCW」。シートヒーターとのセットでオプション設定される。 拡大
エンジンは「アウディA1 1.0 TFSI」に積まれているものと同じ、1リッター直3直噴ターボ。最高出力95ps、最大トルク16.3kgmを発生する。
エンジンは「アウディA1 1.0 TFSI」に積まれているものと同じ、1リッター直3直噴ターボ。最高出力95ps、最大トルク16.3kgmを発生する。 拡大
トランスミッションはデュアルクラッチATの7段DSG。
トランスミッションはデュアルクラッチATの7段DSG。 拡大
「ブルーモーション」のボディーカラーは「ピュアホワイト」の1色のみとなっている。
「ブルーモーション」のボディーカラーは「ピュアホワイト」の1色のみとなっている。 拡大

賢いアダプティブクルーズコントロール

ブルーモーションの車重は1.2リッターモデルより30kg軽い1100kg。ノーズが軽くなって、ワインディングロードではいっそうの軽快さが期待されたが、それよりも際だった特徴は、アレっと思うほど足まわりがソフトなことだった。当たりが柔らかくても芯はしっかりしているから、ファン・トゥ・ドライブは健在だが、ポロのなかでも最もフェミニンな印象の足まわりであることは間違いない。

ポロの燃費スペシャルで山道を攻める人はいないかもしれないが、イヤだけどやってみると、パワーはやはり1.2リッターモデルほどはない。コーナーを抜けてから加速してゆくときに、ブルーモーションは床までアクセルを踏んだまま、パワーが出てくるのを“待つ”局面が多いのだ。ふだんはスイスイ走るが、モアパワーを求めても、その先がない感じ。そんなキャラクターはディーゼルエンジン的ともいえる。

高速道路では、標準装備の「ACC(アダプティブクルーズコントロール)」を多用して経済運転に励んだ。VWのACCは本当に使える。ハンドルスポークの左側にまとまったスイッチ類は操作しやすいし、車間距離の取り方や自動ブレーキのかけかたも適切だから、使いやすい。せっかくこういうハードを付けても、ソフトの煮詰めが甘いと、おっかなびっくりだったり、心配性すぎたりして、使えないものになりがちだ。その点、VWのACCは現実的で実用的だ。

「BlueMotion(ブルーモーション)」とは、燃費向上に寄与する技術を多数取り入れた、低燃費グレードの名称である。日本への導入は、今回の「ポロ ブルーモーション」が初となる。
「BlueMotion(ブルーモーション)」とは、燃費向上に寄与する技術を多数取り入れた、低燃費グレードの名称である。日本への導入は、今回の「ポロ ブルーモーション」が初となる。 拡大
タイヤサイズは1.2リッターモデルと同じ185/60R15。空力性能を考慮した専用デザインのアルミホイールを採用している。
タイヤサイズは1.2リッターモデルと同じ185/60R15。空力性能を考慮した専用デザインのアルミホイールを採用している。 拡大
ステアリングホイールに装備される「アダプティブクルーズコントロール」の操作スイッチ。
ステアリングホイールに装備される「アダプティブクルーズコントロール」の操作スイッチ。 拡大
「ブルーモーション」には、専用デザインの前後バンパーや、リアスポイラー、サイドスカートなどの空力パーツが装備されている。
「ブルーモーション」には、専用デザインの前後バンパーや、リアスポイラー、サイドスカートなどの空力パーツが装備されている。 拡大

明確なアドバンテージがほしい

JC08モード=23.4km/リッター。今年で40周年を迎えるポロ史上最良燃費のブルーモーション。果たして実走燃費やいかにと大いに期待したが、400kmあまりを走って14.8km/リッターと、予想を大きく下回るものだった。このとき、車載の燃費計は16.2km/リッターを示しており、満タン法の数値は悲観的すぎるかもしれないが、それにしたって、である。

「でも、エンジンが1リッター3気筒だから安いんです」というクルマではない。269万9000円の価格は1.2リッター標準グレードより40万円以上高く、アップグレードパッケージよりもまだ7万円高い。

それで肝心の燃費が、まったく平凡だとすると、ブルーモーションを選ぶ理由は特に見当たらない。グライダーのようなシンプルさと、VWのクオリティーとを両立させたポロ本来の魅力も4気筒モデルのほうがわかりやすい。普通のポロは1.2リッターがいいと思う。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=郡大二郎)

ラゲッジルームの容量は280リッター。後席は6:4の分割可倒式で、格納方法は座面を跳ね上げてから背もたれを倒すダブルフォールディング式となる。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
ラゲッジルームの容量は280リッター。後席は6:4の分割可倒式で、格納方法は座面を跳ね上げてから背もたれを倒すダブルフォールディング式となる。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます) 拡大
床面の高さを2段階に調整できるフロアボード。ひもやフックなどを使わなくても、開けた状態のまま固定しておくことができる。(写真をクリックすると、フロアボードによるアレンジの様子が見られます)
床面の高さを2段階に調整できるフロアボード。ひもやフックなどを使わなくても、開けた状態のまま固定しておくことができる。(写真をクリックすると、フロアボードによるアレンジの様子が見られます) 拡大
 
フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション(FF/7AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3995×1685×1460mm
ホイールベース:2470mm
車重:1100kg
駆動方式:FF
エンジン:1リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:95ps(70kW)/5000-5500rpm
最大トルク:16.3kgm(160Nm)/1500-3500rpm
タイヤ:(前)185/60R15 84H/(後)185/60R15 84H(ブリヂストン・エコピアEP150)
燃費:23.4km/リッター(JC08モード)
価格:269万9000円/テスト車=294万円
オプション装備:純正インフォテインメントシステム“714SDCW”パッケージ<シートヒーター付き>(24万1000円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:1719km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:408.6km
使用燃料:27.6リッター
参考燃費:14.8km/リッター(満タン法)/16.2km/リッター(車載燃費計計測値)

フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション
フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション 拡大

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン試乗記

あなたにおすすめの記事