フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション(FF/7AT)

“得意科目”のはずなのに 2015.11.10 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロ」に、1リッター直3ターボエンジンを搭載した「ブルーモーション」が登場。300台限定で導入された“燃費スペシャル”の実力を試す。

燃費を突き詰めた限定モデル

若いころ、「K70」なんていう超レアモデルを所有し、今は「ゴルフワゴン」とポロに乗っている知り合いがいる。フォルクスワーゲン(VW)が聞いたら涙を流すようなVWファミリーだ。
ゴルフワゴンは10年前の旧型なので、リッター10kmいくかいかないかだが、ふだん奥さんが乗っている1.2リッター4気筒ターボの現行ポロは普通に使っていてリッター20km走るという。

「そんなに燃費がいいのか!?」と驚いたポロのさらなる燃費スペシャルが“ブルーモーション”である。日本ではひと足先に「アウディA1」でお目見えした1リッター3気筒ターボを搭載し、空力効果で燃費に寄与する前後バンパーやサイドスカートやアルミホイールなどを特装している。
ポロ ブルーモーションのJC08モード燃費は23.4km/リッター。1.2リッターモデル(22.2km/リッター)をしのぐのはもちろん、同じパワーユニットの「アウディA1 1.0 TFSI」(22.9km/リッター)にも競り勝つ。

そんなケッコウなポロなのに、レギュラーモデルではなく、300台の限定販売。アウディに先陣を切られてしまって、フテくされちゃったのかと思ったら、そうではなく、燃費スペシャルとしての特別感を出すために、最初はあえて限定の枠をはめたのだという。

「ポロ ブルーモーション」のインストゥルメントパネルまわり。オーディオ操作機能付きのレザーステアリングが標準装備される。
「ポロ ブルーモーション」のインストゥルメントパネルまわり。オーディオ操作機能付きのレザーステアリングが標準装備される。
テスト車のフロントシートにはオプションのシートヒーターが装備されていた。
テスト車のフロントシートにはオプションのシートヒーターが装備されていた。
「ブルーモーション」のシートには、前席、後席ともにブルーのステッチが施されている。
「ブルーモーション」のシートには、前席、後席ともにブルーのステッチが施されている。
テールゲートに備えられた「BLUEMOTION」のバッジ。
テールゲートに備えられた「BLUEMOTION」のバッジ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT(FF/7AT)【試乗記】 2014.12.9 試乗記 運動性能と燃費性能を高次元で両立したという「フォルクスワーゲン・ポロ」のスポーツグレード「ブルーGT」の実力に触れた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る