BMWアルピナB6ビターボ グランクーペ アルラット(4WD/8AT)

モーターと自動運転ばかり、とお嘆きのあなたへ 2015.11.11 試乗記 BMWアルピナのラインナップの頂点に君臨する「B6ビターボ グランクーペ アルラット」に試乗。BMWアルピナはこの600psと800Nmを誇る超弩級(ちょうどきゅう)4ドアクーペにいったいどんなメッセージを込めたのだろうか。高速道路で、そしてワインディングロードで読み解いた。

創立50周年を迎えたアルピナ

東京モーターショーの開幕を告げる夜のビジネスニュースで、いつもちょっと見当違いのコメントをすると感じていた男性キャスターが、またもオヤッと耳にひっかかる意見を開陳していた。いわく、自動運転が実用化されたら人間が運転から解放されるので、将来はクルマの中で何をするか、自動車メーカーはその開発競争に取り組まざるを得ないでしょう、という。私にはまったく珍妙としか思えない意見だが、その男性キャスターがどのような思考回路を経てその説にたどり着いたのかは実に興味深い。

クルマの中ですることがなくなるから、代わりの何かをひねり出すために開発競争をする、と考える人は他にもいるのだろうか。東京オリンピックまでに自動運転車実用化、などと世の中は喧(かまびす)しいが、完全な自動運転が実現するにはまださまざまな問題が山積していることはちょっと考えれば誰にでも分かる。それなのにもう、将来の自動車の中ですることまでを考えるのは果たして自動車メーカーの仕事なのだろうか。頭が古いと言われそうだが、クルマ好きにはそんな発想はない。運転から解放されてもせいぜいスマホをいじるぐらいではないか。することがなくて困るのなら、運転すればいいじゃないか。

もし、遠い将来に完全な自動運転が文字通りに実現しても、少なくともアルピナはそれには与(くみ)しないのではないだろうか。創業者ブルカルト・ボーフェンジーペンが「BMW 1500」用のウェバー・キャブレター・ユニットを開発したのが1962年、企業としてのアルピナを設立したのが1965年、それから半世紀にわたって、特別な車を求めるエンスージアストのために特別なBMWを造り上げるスペシャリストメーカーとして独自の地位を築いてきた。

世紀の変わり目に吹き荒れた巨大自動車メーカーの合従連衡の嵐に巻き込まれることなく、AMGのようにメルセデス・ベンツの100%子会社になることもなく、依然としてBMWと密接な協力関係にはあるが今なお資本関係はなく、ボーフェンジーペン一族のファミリービジネスとして今年会社設立50周年を迎えたのだから、これはもう自動車史における奇跡と言ってもいいかもしれない。

「B6ビターボ グランクーペ アルラット」はBMWアルピナの現行ラインナップの頂点に位置するモデル。車両価格は2197万円。


	「B6ビターボ グランクーペ アルラット」はBMWアルピナの現行ラインナップの頂点に位置するモデル。車両価格は2197万円。
アルピナの高級ウッドトリム“Myrte”が印象的なインテリア。ハンドル位置は左。
アルピナの高級ウッドトリム“Myrte”が印象的なインテリア。ハンドル位置は左。
ナッパレザーのシートが備わる。シートバックにアルピナのメタルエンブレムが付く。
ナッパレザーのシートが備わる。シートバックにアルピナのメタルエンブレムが付く。
ボディーサイズは5010×1895×1400mmという堂々たるもの。試乗車のボディーカラーは「アルピナ・ブルー」。
ボディーサイズは5010×1895×1400mmという堂々たるもの。試乗車のボディーカラーは「アルピナ・ブルー」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

B6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る