GMがキャデラックSRXクロスオーバーの装備強化

2015.11.09 自動車ニュース

「キャデラックSRXクロスオーバー」(米国仕様)


	「キャデラックSRXクロスオーバー」(米国仕様)
	拡大

GMが「キャデラックSRXクロスオーバー」の装備を強化

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年11月9日、キャデラックブランドのSUV「SRXクロスオーバー」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良は装備の強化が中心となっており、上級グレード「プレミアム」に加え、エントリーグレードの「ラグジュアリー」においても「セーフティ・アラート・ドライバーシート(警告振動機能付き)」「フォワード・コリジョン・アラート(前方衝突事前警告機能)」「レーンチェンジ・アラート(車線変更警告機能)」「インテリビーム(ハイビーム自動切り替え機能)」を標準装備とした。プレミアムでは、運転支援システムの「エマージェンシー・ブレーキシステム」「アダプティブ・クルーズコントロール(全車速追従機能)」も標準で採用している。

またインフォテインメントシステム関連では、16GBのSDナビゲーションシステムや地上デジタルTV(フルセグ/ワンセグ)などの機能を備えた「CUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)」を全車に採用した。

価格はラグジュアリーが584万円、プレミアムが688万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
SRXクロスオーバーキャデラック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ニューヨークショー2018(キャデラック) 2018.4.12 画像・写真 米ゼネラルモーターズはニューヨークモーターショー2018の会場に、新型コンパクトSUV「キャデラックXT4」や、フラッグシップセダン「キャデラックCT6」の高性能モデル「V-SPORT」などを展示した。各車のディテールを写真で紹介する。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から 2018.4.26 画像・写真 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から、キャデラックの最新モデル「XT5クロスオーバー」と、日本に5台しかない希少な特別限定車「ATS-Vベクターブルースペシャル」の姿を写真で紹介する。
  • ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】 2018.4.30 試乗記 押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。
ホームへ戻る