GMがキャデラックSRXクロスオーバーの装備強化

2015.11.09 自動車ニュース

「キャデラックSRXクロスオーバー」(米国仕様)


	「キャデラックSRXクロスオーバー」(米国仕様)

GMが「キャデラックSRXクロスオーバー」の装備を強化

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年11月9日、キャデラックブランドのSUV「SRXクロスオーバー」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 
GMがキャデラックSRXクロスオーバーの装備強化の画像

今回の改良は装備の強化が中心となっており、上級グレード「プレミアム」に加え、エントリーグレードの「ラグジュアリー」においても「セーフティ・アラート・ドライバーシート(警告振動機能付き)」「フォワード・コリジョン・アラート(前方衝突事前警告機能)」「レーンチェンジ・アラート(車線変更警告機能)」「インテリビーム(ハイビーム自動切り替え機能)」を標準装備とした。プレミアムでは、運転支援システムの「エマージェンシー・ブレーキシステム」「アダプティブ・クルーズコントロール(全車速追従機能)」も標準で採用している。

またインフォテインメントシステム関連では、16GBのSDナビゲーションシステムや地上デジタルTV(フルセグ/ワンセグ)などの機能を備えた「CUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)」を全車に採用した。

価格はラグジュアリーが584万円、プレミアムが688万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.4.4 試乗記 全長およそ5.2mという巨体を誇るキャデラックの旗艦モデル「エスカレード」が、2016年モデルに進化。大幅に機能が強化されたインフォテインメントシステムの実力を、アメリカンフルサイズSUVならではの魅力と合わせてリポートする。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.14 試乗記 キャデラックの新しいフラッグシップセダンにして、新世代製品群の第1弾である「CT6」。新開発のプラットフォームと高出力のV6エンジン、後輪操舵をはじめとした姿勢制御システムがかなえる、他のフルサイズセダンとは一味違う走りをリポートする。
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る