第326回:サーキットを攻める姿にパッションが表れる!
「ルノー・スポール ジャンボリー2015」をリポート

2015.11.11 エッセイ
パッドクに並ぶバラエティー豊かな参加車両。
パッドクに並ぶバラエティー豊かな参加車両。

2015年11月7日、富士スピードウェイで「第7回 ルノー・スポール ジャンボリー2015」が開催された。当日は晩秋の11月とはいえ、晴天に恵まれ、爽やかなイベント日和となった。

ルノー・ジャポン社長、大極 司氏によるあいさつからイベントはスタートした。
ルノー・ジャポン社長、大極 司氏によるあいさつからイベントはスタートした。
写真左より、フランスのルノー・スポール社からやってきたインターナショナル・マーケティング・マネージャーのジャン・カルカ氏、クリオR3Tヨーロピアントロフィーで活躍中のラリードライバーであるエマニエル・ギグ選手、ルノー・ジャポンの広報部のフレデリック・ブレン氏、ヨーロッパでフォーミュラ・ルノー2.0ユーロカップとNECシリーズに参戦中の笹原右京選手。
写真左より、フランスのルノー・スポール社からやってきたインターナショナル・マーケティング・マネージャーのジャン・カルカ氏、クリオR3Tヨーロピアントロフィーで活躍中のラリードライバーであるエマニエル・ギグ選手、ルノー・ジャポンの広報部のフレデリック・ブレン氏、ヨーロッパでフォーミュラ・ルノー2.0ユーロカップとNECシリーズに参戦中の笹原右京選手。
笹原選手の運転する同乗走行体験を終えた神奈川県からきた吉川櫂生くん(小学校3年生)。「怖くなかったよ。ワーって傾いてた。また乗りたい!」
笹原選手の運転する同乗走行体験を終えた神奈川県からきた吉川櫂生くん(小学校3年生)。「怖くなかったよ。ワーって傾いてた。また乗りたい!」
神奈川県の市原拓真くん(小学校4年生)は同乗走行体験を終えると、「けっこう普通だったよ。でも、横転しそうだった(笑)」
神奈川県の市原拓真くん(小学校4年生)は同乗走行体験を終えると、「けっこう普通だったよ。でも、横転しそうだった(笑)」

津々浦々から250台のルノーが集合

この日の富士スピードウェイでは「オートカーフェスティバル2015」が開催されており、「第7回 ルノー・スポール ジャンボリー2015」は、その併催イベントという立場だ。同じように「アストンマーティン トラックエクスペリエンス」もこの日に開催されており、サーキット本コースをさまざまなクルマが疾走するにぎやかな一日となった。

会場に集まったルノー車は約250台。ナンバーを見て回れば、関東圏だけでなく、関西、中国エリア、九州からの参加者もいるようだ。そんな熱心なルノーオーナーを前に、イベントは10時にルノー・ジャポンの大極 司社長によるあいさつでスタートした。

「一年の間に、何回かサーキットに来ますけれど、そこのゲートをくぐるたびに、本当にワクワクしてきます。僕の場合、ワクワクというよりもムズムズするんですね。このムズムズ感がパッションじゃないかなと思います。私どもルノー・ジャポンは、みなさまのパッションを支え、パッションのある楽しい生活をいっしょにやっていきたいというモットーでやっています。このムズムズ感を僕は絶対に忘れないように、これからもいろいろなイベントやムズムズするようなクルマをどんどん入れていきたいと思っています」

その後はメインステージでの集合写真撮影が行われ、続いてトークショーに。ゲストとして登場したのは、フランスのルノー・スポール社からやってきたインターナショナル・マーケティング・マネージャーのジャン・カルカ氏、クリオR3Tヨーロピアントロフィーで活躍中のラリードライバーであるエマニエル・ギグ選手、ヨーロッパでフォーミュラ・ルノー2.0ユーロカップとNECシリーズに参戦中の笹原右京選手の3人であった。トークショーでは、フォーミュラやラリーにおけるルノー車の走りやコーナリングに対する考え方、レースでのセッティングなどが語られた。そして、トークショーの最後には、サーキット走行での同乗走行権をかけたジャンケン大会を実施。ジャンケンを行ったカルカ氏は、この日のためにジャンケンを覚えてきたという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ