ダイハツ・キャスト スタイルX“SA II”(FF/CVT)

さらりとした個性派 2015.11.13 試乗記 3つの顔を持つ軽自動車「ダイハツ・キャスト」。その中から、スタイリッシュなテイストが持ち味のバリエーション「スタイル」に試乗した。“都会派軽”の走りやいかに?

びっくりするほどそつなく走る

もう何度もそのことを経験し、理解しているつもりなのだが、心の奥底にそんなはずないという決めつけが残っているのか、最新の自然吸気エンジンを搭載した軽乗用車に乗ると、高速道路であっても不足なく走るのにびっくりする。リッターカー並みの最大トルクをもつターボエンジン搭載車ならまだわかる。だが、自然吸気の660cc 3気筒エンジン搭載車のことだ。それなのに100km/h+αの速度で無理なく巡航することができ、車内に入ってくる音も発する振動も不快なほどではない。

積極的に高速道路を使おうとは思わないが、何かの拍子に使うことになってもそつなくこなす。ほとんど街乗り、たまに高速道路といった、一家の2台目、3台目としての使われ方をした場合に真価を発揮するようにできている。

今回はダイハツの新しい軽自動車のキャストに乗ってそう感じた。連れ立って走らせたCセグハッチに遅れることなく、きびきび走らせることができたのだ。キャストは「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」という3つのモデルに分かれており、われわれがテストしたのはスタイル。アクティバがSUV風、スポーツが文字通りスポーティーな見た目なのに対し、スタイルは言ってみれば上品な仕上げ。

軽乗用車の場合、ひとつのモデルにおとなしい方とアグレッシブな方のふたつの顔つきを与えるケースが多いが、キャストは3モデル。そういえば、「コペン」も基本路線の「ローブ」、アバンギャルドな「エクスプレイ」、レトロな「セロ」と、3モデルが用意される。3つ出すのがダイハツの軽のパターンとなるのだろうか。

3種類用意される「キャスト」バリエーションのうち、「スタイル」は“都会的な上質感”が持ち味。試乗車はFFの自然吸気エンジン搭載車で、車両価格は128万5200円。


	3種類用意される「キャスト」バリエーションのうち、「スタイル」は“都会的な上質感”が持ち味。試乗車はFFの自然吸気エンジン搭載車で、車両価格は128万5200円。
インパネには水平基調の装飾を施すことで“ハイセンス&エレガント”な雰囲気を表現したという。
インパネには水平基調の装飾を施すことで“ハイセンス&エレガント”な雰囲気を表現したという。
0.66リッターの直3自然吸気エンジンは52psと6.1kgmを発生する。JC08モード燃費は30.0km/リッター。
0.66リッターの直3自然吸気エンジンは52psと6.1kgmを発生する。JC08モード燃費は30.0km/リッター。
ボディーカラーはライトローズマイカメタリック。ルーフは白い「デザインフィルムトップ」(オプション)になっていた。
ボディーカラーはライトローズマイカメタリック。ルーフは白い「デザインフィルムトップ」(オプション)になっていた。
関連記事
  • ダイハツ・キャスト スポーツ“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2015.12.12 試乗記 ダイハツから、ひとつの車型で3つのモデルを取りそろえる軽自動車「キャスト」が登場。今回はその中から、走りを追及した“第3のモデル”こと「スポーツ」に試乗した。「コペンの4人乗りをイメージして作った」とされる同車の特徴を一言で表すと……?
  • ダイハツ・キャスト スポーツ 2015.11.13 画像・写真 「ダイハツ・キャスト」に、専用チューニングのサスペンションや16インチホイールなどを備えたスポーティーな「キャスト スポーツ」が登場。オープン2シーター「コペン」で培ったノウハウを取り入れたというキャスト第3のモデルの姿を、写真で紹介する。
  • ダイハツが「キャスト」を一部改良、特別仕様車も 2016.6.20 自動車ニュース ダイハツが「キャスト」を一部改良。ルーフなどをボディーと別色とする「デザインフィルムトップ」に新規設定色を採用するなど、カラーバリエーションを拡大した。同時に、レザー調シートを備えた特別仕様車「プライムコレクション」を発売した。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • ダイハツ・キャスト アクティバGターボ“SA II”(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.4 試乗記 仕様やデザインの違いにより、「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」の3つのモデルを取りそろえる「ダイハツ・キャスト」。今回は、SUVライクなスタイリングと30mm高められた車高が特徴の「アクティバ」に試乗。ダイハツが誇る最新モデルの実力を確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る