特別な内外装のマセラティ・ギブリ、限定発売

2015.11.10 自動車ニュース
「マセラティ・ギブリ スカテナート」
「マセラティ・ギブリ スカテナート」

特別な内外装の「マセラティ・ギブリ」、20台限定で発売

マセラティ ジャパンは2015年11月10日、スポーツセダン「ギブリ」の特別仕様車「ギブリ スカテナート」を、同年11月11日に発売すると発表した。デリバリーの開始時期は、11月下旬になる見込み。

フロントまわり。グリル内のエンブレムにはブルーのアクセントが入れられる。
フロントまわり。グリル内のエンブレムにはブルーのアクセントが入れられる。
「ギブリ スカテナート」には、ガンメタリックカラーの21インチ鍛造アルミホイールと、ブルーのブレーキキャリパーが備わる。
「ギブリ スカテナート」には、ガンメタリックカラーの21インチ鍛造アルミホイールと、ブルーのブレーキキャリパーが備わる。
Cピラー部のエンブレムにも、ブルーの彩色が施される。
Cピラー部のエンブレムにも、ブルーの彩色が施される。

ギブリ スカテナートは、現在販売されているギブリの日本導入2周年を記念して設定される特別仕様車。内外装を日本市場に向けた特別仕立てとすることで、ギブリの持つ個性をさらに強めたという。

ボディーカラーはビアンコ(ホワイト)で、ドアハンドルもボディー同色。ウィンドウフレームおよびサイドベントグリルはブラックで塗られる。
トライデントをかたどったフロントグリルやCピラーのエンブレムにはブルーのアクセントカラーが添えられ、ブルーのブレーキキャリパーが採用されている。ガンメタリックカラーの21インチ鍛造チターノホイールも特別装備のひとつだ。
インテリアカラーは、ネロ(黒)またはロッソ(赤)が選べる。

ギブリ スカテナートは、FRの「ギブリS」をベースとするモデル(右ハンドル)と4WD車「ギブリS Q4」ベースのモデル(左ハンドル)が用意される。
価格と限定台数は、ギブリSベースが1340万円で14台。ギブリS Q4ベースが1410万円で6台となる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • 充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場 2017.2.3 自動車ニュース 「ポルシェ・カイエン」に充実した装備と特別な内外装の仕様が特徴の新グレード「カイエンSプラチナエディション」が登場。21インチのアルミホイールやアルカンターラとレザーのコンビシートなどが標準装備される。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
ホームへ戻る