特別な内外装のマセラティ・ギブリ、限定発売

2015.11.10 自動車ニュース
「マセラティ・ギブリ スカテナート」
「マセラティ・ギブリ スカテナート」

特別な内外装の「マセラティ・ギブリ」、20台限定で発売

マセラティ ジャパンは2015年11月10日、スポーツセダン「ギブリ」の特別仕様車「ギブリ スカテナート」を、同年11月11日に発売すると発表した。デリバリーの開始時期は、11月下旬になる見込み。

フロントまわり。グリル内のエンブレムにはブルーのアクセントが入れられる。
フロントまわり。グリル内のエンブレムにはブルーのアクセントが入れられる。
「ギブリ スカテナート」には、ガンメタリックカラーの21インチ鍛造アルミホイールと、ブルーのブレーキキャリパーが備わる。
「ギブリ スカテナート」には、ガンメタリックカラーの21インチ鍛造アルミホイールと、ブルーのブレーキキャリパーが備わる。
Cピラー部のエンブレムにも、ブルーの彩色が施される。
Cピラー部のエンブレムにも、ブルーの彩色が施される。

ギブリ スカテナートは、現在販売されているギブリの日本導入2周年を記念して設定される特別仕様車。内外装を日本市場に向けた特別仕立てとすることで、ギブリの持つ個性をさらに強めたという。

ボディーカラーはビアンコ(ホワイト)で、ドアハンドルもボディー同色。ウィンドウフレームおよびサイドベントグリルはブラックで塗られる。
トライデントをかたどったフロントグリルやCピラーのエンブレムにはブルーのアクセントカラーが添えられ、ブルーのブレーキキャリパーが採用されている。ガンメタリックカラーの21インチ鍛造チターノホイールも特別装備のひとつだ。
インテリアカラーは、ネロ(黒)またはロッソ(赤)が選べる。

ギブリ スカテナートは、FRの「ギブリS」をベースとするモデル(右ハンドル)と4WD車「ギブリS Q4」ベースのモデル(左ハンドル)が用意される。
価格と限定台数は、ギブリSベースが1340万円で14台。ギブリS Q4ベースが1410万円で6台となる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ギブリの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • マセラティ・ギブリ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.10 試乗記 年間販売台数5万台を目指すマセラティが量販モデルとして期待を寄せる「ギブリ」の実力を検証。ライバルのドイツ勢に対するアドバンテージを探った。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る