レクサスRX200t“バージョンL”(FF/6AT)/RX450h“バージョンL”(FF/CVT)

着実な前進 2015.11.16 試乗記 7年ぶりに一新された、高級クロスオーバーの売れ筋モデル「レクサスRX」。パワーユニットの異なる2車種に試乗して、その実力を確かめた。

連続ヒットの期待がかかる

レクサスRXがフルモデルチェンジを受け、4代目へと移行した。日本では初代と2代目が「トヨタ・ハリアー」として売られたから、4代目と言われてもピンとこないかもしれない。けれども1998年にデビューした初代レクサスRXは、プレミアム乗用車とタフなSUVの“いいとこ取り”をした高級クロスオーバーのさきがけとして、北米市場でヒットをかっ飛ばした。

レクサスRXの人気を見て「こんなところに金脈があったのか」と他メーカーも追随。以来、この手の“オシャレ四駆”のフォロワーが続いたのはご存じの通りだ。ちなみにいま、レクサスは世界で約56万台が売られるけれど、その4分の1から3分の1をRXが占める。ドル箱であり、稼ぎ頭である。

2009年に先代レクサスRXが登場した時から、このモデルを取り巻く状況は大きく変わった。2014年にひとクラス小さいSUVである「レクサスNX」がデビュー。2015年には日本でも巨大な「レクサスLX」が販売されるようになったのだ。
つまり、ひとりっ子だった日本のRXは、新型ではレクサスSUV三兄弟の次男という位置づけになった。
弟分のレクサスNXが生まれたことにより、レクサスRXは少し上級移行した。ボディーサイズが少し大型化したし、エントリーモデルの価格を比べると、先代の「レクサスRX270」が444万3429円だったのに対して、新型の「レクサスRX200t」は495万円。50万円ほど価格が上がったことになる。

新型RXに用意されるパワーユニットは、2リッター直列4気筒の直噴ターボと、3.5リッターV6エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドの2種類。
2リッター直噴ターボは先代の2.7リッター直4エンジンに代わるエンジンで、最高出力は従来型の188psから238psにアップ、JC08モード燃費も10.4km/リッターから11.8km/リッターに向上している(燃費値はFFモデルのもの)。

ハイブリッドモデルの3.5リッターV6エンジン+モーターという構成は先代と変わらないものの、燃料の噴射システムが、筒内直噴と吸気ポート噴射を併用する「D-4S」にバージョンアップ。ボア×ストロークはそのままに、3.5リッターV6エンジンの中身は従来型から変更されている。エンジン単体の最高出力は249psから262psへとアップ、JC08モード燃費も16.4km/リッターから18.8km/リッターへと向上した。

日本国内では2015年10月22日に発売された、新型「レクサスRX」。先代と比べた場合、全幅と全高はほぼ同じであるものの、全長は120mm、ホイールベースは50mm延長されている。
インテリアのカラーは全8色。各所に配されるオーナメントパネルは6種類が用意される。
L字形のLEDを3段組み合わせた、3眼フルLEDヘッドランプ。矢尻形のクリアランスランプとともに、独自の個性が演出される。
「RX200t」の2リッター直4直噴ターボエンジン。1650rpmという低回転域から35.7kgmの最大トルクを発生する。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る