ヒュンダイが高級ブランド、ジェネシスを旗揚げ

2015.11.11 自動車ニュース
ジェネシスブランドの最上級セダン「G90」のスタイリング(イラスト)が公開された。

ヒュンダイが高級ブランド「ジェネシス」を旗揚げ

韓国のヒュンダイは2015年11月10日、同社の新しい高級車ブランド「ジェネシス」の最上級セダン「G90」のイラストを公開した。

「G90」のサイドビュー。
ジェネシスブランドのエンブレム。現在売られているヒュンダイの高級セダン「ヒュンダイ・ジェネシス」のエンブレムを洗練させたという。
ヒュンダイのプレステージデザイン部門の代表に就く予定のリュック・ドンケルヴォルケ氏。

■まずは韓国で2015年12月に発売

ヒュンダイの新しい高級車ブランド、ジェネシスは、ヒュンダイブランドから独立した形で運営され、世界の代表的な高級車ブランドと競合する地位を目指す。

今回イラストが公開されたG90では、高級車として“人を中心に据えた”技術が重視されており、優れたドライビングダイナミクスや第一級の安全性を備えた“新しいラグジュアリー”を顧客に提供するとうたわれる。

デザインはヒュンダイのプレステージデザイン部門が手がけた。優雅で伸びやかなスタイリングは、同時にジェネシス車全体に共通する「アスレチック・エレガンス」というテーマを示しているという。

ジェネシスブランドとしては、まずはこのG90(韓国名EQ900)を韓国で2015年12月に発売する。その後、中国や北米、中東、欧州、アジア諸国で展開し、2020年までに6車種態勢を確立する計画。

またヒュンダイは2016年の半ばまでに、かつてフォルクスワーゲングループでベントレーやランボルギーニなどをデザインしたリュック・ドンケルヴォルケ氏をプレステージデザイン部門の代表に任命する計画であることも明らかした。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。