フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)

新時代のミドシップスパイダー 2015.11.17 試乗記 「フェラーリ488」シリーズに早くも加わったオープントップモデル「488スパイダー」に試乗。エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のミドシップスパイダーは、いかなる走りを披露するのか? イタリアはエミリア・ロマーニャからの第一報。

むしろこちらが主役?

この40年来、フェラーリの“ドル箱”は、V8ミドシップカーだった。FRの12気筒モデルこそが歴史的な跳ね馬フラッグシップだと“ティフォージ”(好きモノ)はいうけれど、“フェラーリに乗ってやるぞ!”と夢を膨らませる人々がリアルに目指す跳ね馬といえば、何はともあれV8のMRだろうというのが、昨今の常識である。

最新モデルでいうところの「488GTB」がそれで、3月のジュネーブショーでワールドプレミアされたばかり。2世代ごとにフルモデルチェンジするフェラーリの慣例に従って、「458」シリーズの大幅進化版として登場したのが488GTBというわけで、その詳細と6月に開催された聖地マラネッロ&フィオラーノにおけるインプレッションは既報の通りである。

今回、リポートするのは、7月末にマラネッロから発表され、9月のフランクフルトショーで初披露された、488のスパイダー版だ。

ずいぶん矢継ぎ早の登場じゃないか。そう思われた方も多いことだろう。けれども、「360モデナ」以降はクーペとスパイダーの開発が同時に進められており、また、北米や英国、ドイツといったフェラーリの主要マーケットにおいてはスパイダーの需要がクーペに勝っていることも手伝って、先々代の「F430」系、先代の458系と、いずれも半年後にはスパイダーを追加してきた。

つまり、488スパイダーのこの時期の登場は、とりたてて早いものではなかった、ということ。他のプレミアムブランドにおいてはオープンモデルを先に発表することもあるくらいだし、前述のとおり488は458の進化版だからスパイダーの存在などハナから皆の知るところだったわけで、“ちょっと気を持たせてやった”、くらいのものだろう。

ちなみに、日本におけるクーペとスパイダーのディマンド比率は、ほぼ半々ということである。

日本でもすでにお披露目を済ませた「488スパイダー」。主要市場におけるスパイダーの人気は高く、その比率(スパイダー:クーペ)は英国で54:46、米国とドイツで53:47、日本で50:50などとなっている。
日本でもすでにお披露目を済ませた「488スパイダー」。主要市場におけるスパイダーの人気は高く、その比率(スパイダー:クーペ)は英国で54:46、米国とドイツで53:47、日本で50:50などとなっている。
インテリアのデザインは「458」シリーズのものを継承しているが、エアコンの吹き出し口やセンターコンソールなど、さまざまな箇所が変更されている。
インテリアのデザインは「458」シリーズのものを継承しているが、エアコンの吹き出し口やセンターコンソールなど、さまざまな箇所が変更されている。
サイドインテークはフラップで上下2段に分割されている。上段はエンジンの吸気用で、下段はターボのインタークーラーの冷却用。
サイドインテークはフラップで上下2段に分割されている。上段はエンジンの吸気用で、下段はターボのインタークーラーの冷却用。
「488スパイダー」専用のボディーカラー「ブルーコルサ」。
「488スパイダー」専用のボディーカラー「ブルーコルサ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

488スパイダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を発表 2016.12.21 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2016年12月19日(現地時間)、「アヴェンタドール」の次世代モデルとなる「アヴェンタドールS」を発表した。今回のアヴェンタドールSは、エンジンの強化に加えて、空力にこだわった新デザインや4輪操舵システムなどが採用されている。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る