日産ノート、仕様変更でボディーカラーが充実

2015.11.13 自動車ニュース
新色の「キャニオンブロンズ」が採用された「日産ノート」。
新色の「キャニオンブロンズ」が採用された「日産ノート」。

「日産ノート」仕様変更でボディーカラーが充実

日産自動車は2015年11月11日、コンパクトカー「ノート」に新しいボディーカラーを設定するなどの仕様変更を実施。同時に特別仕様車「ブランナチュール インテリア」を設定し、販売を開始した。

今回の仕様変更で、ボディーカラーは全15色となった。
今回の仕様変更で、ボディーカラーは全15色となった。
「パーソナライゼーション」ではボディーとは別色のドアミラーとアウトサイドドアハンドルが選択できる。
「パーソナライゼーション」ではボディーとは別色のドアミラーとアウトサイドドアハンドルが選択できる。
特別仕様車の「ブランナチュール インテリア」
特別仕様車の「ブランナチュール インテリア」
「ブランナチュール インテリア」の車内。各部がブラウンやベージュでコーディネートされている。
「ブランナチュール インテリア」の車内。各部がブラウンやベージュでコーディネートされている。

■全15色にカラーバリエーションを強化

今回の変更では、ボディーカラーに新色の「キャニオンブロンズ」をはじめ、「チタニウムカーキ」「バーニングレッド」「フランボワーズレッド」の4色を追加。全15色のバリエーションとした。

また「ジューク」から導入しているスペシャルパッケージ「パーソナライゼーション」をノートにも設定。ドアミラーとアウトサイドドアハンドルを、黒、赤、白、青の4色から選択可能とした。

ラインナップと価格は以下の通り。

・X:146万4480円
・X FOUR:167万6160円
・メダリストX:159万4080円
・メダリストX FOUR:180万5760円
・Xエアロスタイル:166万9680円
・X FOURエアロスタイル:188万1360円
・X DIG-S:169万4520円
・メダリスト:189万1080円
・X DIG-Sエアロスタイル:189万9720円

同時に設定された「ブランナチュール インテリア」は、「X」「X FOUR」「X DIG-S」の3グレードをベースに、インテリアを専用に仕立てた特別仕様車である。

具体的には、合皮とジャカード織物のコンビシートや、ジャカード織物のドアトリムなどを採用。専用センタークラスターフィニッシャーや本革巻き3本スポークステアリング、メッキアウトサイドドアハンドルなどを装備している。

価格は以下の通り。
・Xブランナチュール インテリア:157万6800円
・X FOURブランナチュール インテリア:179万640円
・X DIG-Sブランナチュール インテリア:187万5960円

(webCG)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る