第111回:冷戦真っただ中で米ソのスパイが仲良くケンカ
『コードネームU.N.C.L.E.』

2015.11.13 エッセイ

1963年の東ベルリンが舞台

第107回で紹介した『キングスマン』は予想を超える大ヒットとなった。興行収入は10億円を上回る見込みで、マシュー・ヴォーン作品としてはナンバーワンだ。リピーターが多く、スーツと傘でドレスアップしたファンが集う上映会まで開かれた。

鮮烈なデビューを果たしたタロン・エガートンの評判は上々で、ロビン・フッドを描いた大作に出演することがすでに決まっている。『キングスマン』の続編も決まり、来年2月にクランクインする予定だ。今度は日本を舞台にしたシーンもあるようで、期待が高まる。コリン・ファースが引き続き出演するという話だが、1作目を観た人にとっては意味不明なことだ。

そして、『コードネームU.N.C.L.E.』である。前に書いたように、この作品は『キングスマン』とは因縁浅からぬ関係だ。1960年代の人気TVドラマ『0011 ナポレオン・ソロ』のリメイク作品なのだが、『キングスマン』の監督マシュー・ヴォーンは原作の主演俳優ロバート・ヴォーンの“息子”である。彼は今回の作品の監督を務めたガイ・リッチーとはかつての盟友で、後に微妙な関係になっている。思いがけず競作のような形になったが、古き良きスパイものという同じ素材を使いながらまったく違う手触りの作品になった。

『キングスマン』は、円卓の騎士という仕掛けを使って現代に紳士スタイルのスパイをよみがえらせた。『U.N.C.L.E.』の時代設定は原作から変えていない。冒頭では第2次世界大戦の終結からベルリンの壁が作られるまでがニュース映像で流される。CIAスパイのナポレオン・ソロが潜入したのは、1963年の東ベルリンだ。まさに冷戦真っただ中。アメリカとソ連の諜報(ちょうほう)戦が火花を散らしていた時代である。スパイ映画には絶好のお膳立てだ。

(C) 2015 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。