レクサスRX450h“バージョンL”(4WD/CVT)/RX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)

すべてにおいて従来を超える 2015.11.13 試乗記 レクサスの世界戦略を支えるミドルサイズSUV「RX」がフルモデルチェンジ。「RXでありながら、RXであることを超えていく」というコンセプトのもとに開発された新型は、その目標を達成できたのか?

北米で人気を博すレクサスの基幹SUV

海外では1998年にデビュー(日本では「トヨタ・ハリアー」として販売された)、日本では2009年からレクサス専用車種として販売が開始されたRX。プレミアムSUVとしては“欧米勢”とは一味違う趣の持ち主であり、特に北米ではレクサスの販売の約30%を占める重要モデルとなっている。そのRXがモデルチェンジされた。

東京モーターショーで実車を見ても、そのときは「ふーん」という感じがしないではなかった。もちろん自分の見識不足もあるわけだが、ブラックのボディーカラーもあって“塊感”こそ伝わってくるものの、旧型に対してどの程度のアドバンテージを持っているのか、“見た目”からは伝わりづらい印象を受けた。しかし今回、別のボディーカラーをまとった新しいRXを見て、そんな気分はすべて吹っ飛んだ。

レスサス車のデザインアイコンである「スピンドルグリル」は、いわゆる“切り返し”の位置が高められており、フロントマスクの上半分はボンネットとのつながりもあってシャープなクーペのようにも見える。一方、グリルの下部は面積が大きいだけでなく、より前部に張り出した複雑な形状となっており、単純な押し出しの強さだけではない造形の見事さを感じさせる。また、フロント以上にインパクトがあったのがリアクオーターウィンドウだ。後端にいくに従って絞り込みを強くすることで、重たいイメージになりがちなこの手のモデルに、鋭さとクーペのような精悍(せいかん)さをプラスしている。周辺のメッキ処理も巧みだ。

インテリアも同様だ。基本的な考えは従来から大きく変わっていないが、心地よい“包まれ感”や、それを演出するための素材のクオリティーアップはライバルの輸入車とは一線を画す。また、パッと目に飛び込んでくる12.3インチのワイドディスプレイや、フルカラーのヘッドアップディスプレイ、細かくUI(ユーザーインターフェイス)が改良されたリモートタッチなど、各部の進化は誰もが感じ取ることができる(それでも個人的にはまだ動作レスポンスなど改善の余地はあると思っているが)。

パワーユニットは2種類。すでに「NX」、最近では「IS」にも採用されている2リッター直4ターボと、「D-4S」を新搭載した3.5リッターV6+ハイブリッドだ。気になるのは大きさを増したボディーの挙動だが、ここは「うまく作ったな」という印象が強い。とにかくステアリング操作に対して正確にクルマが追従してくる。姿勢制御デバイスのおかげもあるのだろうが、ロールやピッチングといった姿勢変化も少なく、乗り心地も良好。遮音性能も含め、快適性は旧型を上回っていると言っていいだろう。NXと比べ、同等グレード比で180kg増となる2リッターターボ車も、出だしこそややゆったりしているが、中速域以上での伸び感が好ましい。

先進装備も“完璧”とは言えないまでも、現在のレクサスとしては十分以上。すでに「トヨタ・クラウン」に採用している「ITS Connect」をしっかり搭載している点など、抜かりがない。

2リッターターボ車が6段ATであることや“Fスポーツ”が4WDでしか選択できないことなど、重箱の隅をつつけばいくらでも出てくるが、それは野暮(やぼ)というものだろう。NXや「LX」とのすみ分けを明確にしているブランディングも巧みだ。ゆったりとしたシートに体を預け、自分だけの時間を楽しむ。新型RXは、旧型オーナーも「乗り換えたい」と感じさせる進化を果たしているようだ。

(文=高山正寛/写真=高橋信宏)

【スペック】
RX450h“バージョンL”(4WD/CVT)

全長×全幅×全高=4890×1895×1710mm/ホイールベース=2790mm/車重=2140kg/駆動方式=4WD/エンジン=3.5リッターV6 DOHC 24バルブ(262ps/6000rpm、34.2kgm/4600rpm)/モーター=交流同期電動機(前:167ps、34.2kgm/後ろ:68ps、14.2kgm)/トランスミッション=CVT/燃費=18.8km/リッター(JC08モード)/価格=728万5000円

RX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)
全長×全幅×全高=4890×1895×1710mm/ホイールベース=2790mm/車重=1980kg/駆動方式=4WD/エンジン=2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ(238ps/4800-5600rpm、35.7kgm/1650-4000rpm)/トランスミッション=6AT/燃費=11.2km/リッター(JC08モード)/価格=605万円

※写真はいずれもFF車のもの。

「RX450h“バージョンL”」のインストゥルメントパネルまわり。
「RX450h“バージョンL”」のインストゥルメントパネルまわり。
“バージョンL”には5種類のシートカラーが用意される。
“バージョンL”には5種類のシートカラーが用意される。
「RX200t“Fスポーツ”」のフロントマスク。
「RX200t“Fスポーツ”」のフロントマスク。
サイド側のウィンドウグラフィックスとリアウィンドウをつなぐ、特徴的な意匠のリアクオーターウィンドウ。
サイド側のウィンドウグラフィックスとリアウィンドウをつなぐ、特徴的な意匠のリアクオーターウィンドウ。
センターコンソールに備わる、走行モードの切り替えダイヤルや、インフォテインメントシステムのコントローラー。
センターコンソールに備わる、走行モードの切り替えダイヤルや、インフォテインメントシステムのコントローラー。
「RX450h」のパワーユニットは、状況によって筒内直接噴射とポート噴射を使い分ける燃料噴射システム「D-4S」を搭載した3.5リッターV6エンジンと、電動モーターの組み合わせとなる。
「RX450h」のパワーユニットは、状況によって筒内直接噴射とポート噴射を使い分ける燃料噴射システム「D-4S」を搭載した3.5リッターV6エンジンと、電動モーターの組み合わせとなる。
「RX200t」の2リッター直4直噴ターボエンジン。使用燃料はハイオクガソリンが指定される。
「RX200t」の2リッター直4直噴ターボエンジン。使用燃料はハイオクガソリンが指定される。
レクサスRX450h“バージョンL”
レクサスRX450h“バージョンL”

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスRX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.1 試乗記 内外装の刷新だけでなく、走りの質感向上を大きなセリングポイントに掲げる、新型「レクサスRX」。その実力を、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティーグレードで試した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバルが「レガシィB4/アウトバック」を一部改良 2016.9.8 自動車ニュース スバルが「レガシィB4/アウトバック」を一部改良し、10月3日に発売すると発表した。今回の改良では車線中央維持機能を新採用するなど、「アイサイトver.3」の機能を強化。またステアリングヒーターを全車標準装備とした。
  • レクサスRX450h“バージョンL”(4WD/CVT)/RX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【レビュー】 2015.11.13 試乗記 北米での販売の約30%を占めるなど、レクサスの世界戦略を支えるミドルサイズSUV「RX」がフルモデルチェンジ。「RXでありながら、RXであることを超えていく」というコンセプトのもとに開発された新型は目標を達成できたのか? その実力をリポートする。
ホームへ戻る