マツダ・ロードスターRS(FR/6MT)

スリリングな走りに異議あり 2015.11.18 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、走りを追求した上級グレード「RS」が登場。ビルシュタイン製ダンパーやフロントサスタワーバーなどでチューニングされたその“アシ”の実力を、ワインディングロードで試した。

キモは足まわりとシャシーのチューニング

スポーツカーフリークだけでなく、全てのクルマ好きから愛される国民的オープン2シーター、マツダ・ロードスターに、走りのグレード、RSが登場した。筆者の注目点は、その4つのサスペンションのロールバランスが、以前『webCG』でリポートした「S/Sスペシャルパッケージ/Sレザーパッケージ」とどう変わっているかだ。

というのも筆者はマツダが長年掲げる「人馬一体」というコンセプトが、言葉だけ一人歩きしているような気がしてならないからだ。少し辛辣(しんらつ)な物言いに聞こえるかもしれないが、どうせみんなはロードスターを褒めるのだから、ひとりぐらいは小言を言わせてほしい。モータージャーナリストである以上、本当に愛すべき存在には、本気の言葉で語りかけなければならない。というわけで今回も、真剣勝負で書かせていただく。

その前にまずこの「RS」グレードの特徴を説明しておこう。
核となるのは足まわりおよびシャシーの変更だ。ベースはリアスタビライザーを装備したSスペシャルパッケージ。これにビルシュタイン製ダンパーを装着し、16インチホイールの中には前後とも直径280mmに拡大されたブレーキローターを収めた。キャリパーとブレーキパッドは変更されないため、ローター厚は22mmのままだ。そしてエンジンルームには、バルクヘッドに向かってメンバーが伸びるフロントサスタワーバーを用意した。これは横方向のみならず、ねじり方向および引っ張られる方向の入力に対応でき、なおかつ中空構造にできる現代のトレンドである。

「ロードスターRS」のリアビュー。エンブレムなどの装着はなく、外観上は他グレードとの大きな違いはない。
「ロードスターRS」のリアビュー。エンブレムなどの装着はなく、外観上は他グレードとの大きな違いはない。
「RS」のインテリア。BOSE製のサウンドシステム「AUDIOPILOT 2」と9つのスピーカーからなるオーディオシステムが標準装備される。
「RS」のインテリア。BOSE製のサウンドシステム「AUDIOPILOT 2」と9つのスピーカーからなるオーディオシステムが標準装備される。
レカロと共同開発した専用スポーツシート。高いホールド性に加え、オープンカーならではの解放感や軽快感にも配慮した設計となっている。
レカロと共同開発した専用スポーツシート。高いホールド性に加え、オープンカーならではの解放感や軽快感にも配慮した設計となっている。
リアに備わる「ROADSTER」のバッジ。
リアに備わる「ROADSTER」のバッジ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る