マツダ・ロードスターRS(FR/6MT)

スリリングな走りに異議あり 2015.11.18 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、走りを追求した上級グレード「RS」が登場。ビルシュタイン製ダンパーやフロントサスタワーバーなどでチューニングされたその“アシ”の実力を、ワインディングロードで試した。

キモは足まわりとシャシーのチューニング

スポーツカーフリークだけでなく、全てのクルマ好きから愛される国民的オープン2シーター、マツダ・ロードスターに、走りのグレード、RSが登場した。筆者の注目点は、その4つのサスペンションのロールバランスが、以前『webCG』でリポートした「S/Sスペシャルパッケージ/Sレザーパッケージ」とどう変わっているかだ。

というのも筆者はマツダが長年掲げる「人馬一体」というコンセプトが、言葉だけ一人歩きしているような気がしてならないからだ。少し辛辣(しんらつ)な物言いに聞こえるかもしれないが、どうせみんなはロードスターを褒めるのだから、ひとりぐらいは小言を言わせてほしい。モータージャーナリストである以上、本当に愛すべき存在には、本気の言葉で語りかけなければならない。というわけで今回も、真剣勝負で書かせていただく。

その前にまずこの「RS」グレードの特徴を説明しておこう。
核となるのは足まわりおよびシャシーの変更だ。ベースはリアスタビライザーを装備したSスペシャルパッケージ。これにビルシュタイン製ダンパーを装着し、16インチホイールの中には前後とも直径280mmに拡大されたブレーキローターを収めた。キャリパーとブレーキパッドは変更されないため、ローター厚は22mmのままだ。そしてエンジンルームには、バルクヘッドに向かってメンバーが伸びるフロントサスタワーバーを用意した。これは横方向のみならず、ねじり方向および引っ張られる方向の入力に対応でき、なおかつ中空構造にできる現代のトレンドである。

「ロードスターRS」のリアビュー。エンブレムなどの装着はなく、外観上は他グレードとの大きな違いはない。
「ロードスターRS」のリアビュー。エンブレムなどの装着はなく、外観上は他グレードとの大きな違いはない。
「RS」のインテリア。BOSE製のサウンドシステム「AUDIOPILOT 2」と9つのスピーカーからなるオーディオシステムが標準装備される。
「RS」のインテリア。BOSE製のサウンドシステム「AUDIOPILOT 2」と9つのスピーカーからなるオーディオシステムが標準装備される。
レカロと共同開発した専用スポーツシート。高いホールド性に加え、オープンカーならではの解放感や軽快感にも配慮した設計となっている。
レカロと共同開発した専用スポーツシート。高いホールド性に加え、オープンカーならではの解放感や軽快感にも配慮した設計となっている。
リアに備わる「ROADSTER」のバッジ。
リアに備わる「ROADSTER」のバッジ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
ホームへ戻る