第18戦ブラジルGP決勝結果【F1 2015 速報】

2015.11.16 自動車ニュース

【F1 2015 速報】第18戦ブラジルGP、ロズベルグがポール・トゥ・ウィン

F1世界選手権第18戦ブラジルGPの決勝が、2015年11月15日、ブラジルはサンパウロにあるアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ(4.309km)を71周して行われた。

5戦連続となるポールポジションからスタートしたメルセデスのニコ・ロズベルグが前戦メキシコGPから2連勝。今シーズン5勝目、通算13勝目を飾り、最終戦を残してドライバーズランキング2位を確定させた。

2位でレースを終えたのは、メルセデスのルイス・ハミルトン。予選、決勝とチームメイトのロズベルグに歯が立たなかったものの、今年11回目となるメルセデスの1-2フィニッシュには貢献できた。

3位はフェラーリのセバスチャン・ベッテルだった。メルセデス攻略のためタイヤ交換で異なる作戦を試したスクーデリアだったが奏功せず。ベッテルのランキング3位もここで決まった。

4位でゴールしたのは、ベッテルの僚友キミ・ライコネン。ウィリアムズ・メルセデスのバルテリ・ボッタスは7番グリッドからのスタートで5位までジャンプアップを果たしそのポジションを守りきった。これでウィリアムズはコンストラクターズランキング3位を確定させた。

フォースインディア・メルセデスのニコ・ヒュルケンベルグ6位、レッドブル・ルノーのダニール・クビアトは7位とそれぞれスターティンググリッドから1つ順位を落としてフィニッシュ。ウィリアムズ駆るフェリッペ・マッサは8位でレースを終えたものの、スタート前のタイヤ内圧違反の疑いで、レース後チームは聴取されるという。
ロータス・メルセデスのロメ・グロジャン9位、トロロッソ・ルノーのルーキー、マックス・フェルスタッペンは10位でチェッカードフラッグを受け6戦連続で入賞を果たした。

以下、11位パストール・マルドナド(ロータス)、12位ダニエル・リカルド(レッドブル)、13位セルジオ・ペレス(フォースインディア)、14位フェリッペ・ナッサー(ザウバー・フェラーリ)、15位ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)、16位フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、17位マーカス・エリクソン(ザウバー)、18位ウィル・スティーブンス(マノー・マルシャ・フェラーリ)、19位アレキサンダー・ロッシ(マノー・マルシャ)が完走した。

2015年シーズンもあと1戦を残すのみ。ドライバーズチャンピオンのハミルトン363点、ランキング2位ロズベルグ297点、3位ベッテル266点とここまでは順位が確定したが、ボッタス136点対ライコネン135点とフィンランド人ドライバーが1点差で4位を争っている。

コンストラクターズチャンピオンシップは、既にタイトルを決めているメルセデス660点、2位フェラーリ401点、3位ウィリアムズ257点、4位レッドブル178点、5位フォースインディア120点という順位となる。

(文=bg)

【情報更新】
レース後、8位でチェッカードフラッグを受けたマッサは、タイヤ温度および内圧規定の違反のためレース結果から除外された。このため上記9位以下の順位が一つずつ繰り上がり、10位となったマルドナドは最後の1点を獲得した。またウィリアムズの獲得したコンストラクターズポイントも「253点」となった。

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。