フィアット500Xポップスタープラス(FF/6AT)

500とは違うよさがある 2015.11.19 試乗記 フィアットが初めて手がけた“Bセグメント”のクロスオーバーSUV「500X」。1.4リッターFFモデルに試乗してわかった、走りの特徴や乗り心地、燃費などを、項目ごとに詳しく報告する。

【総評】……★★★★☆<4>

その昔、筆者がある自動車雑誌の編集者だったとき、先代「フィアット500」に乗っていた。そのとき気に入っていたのは、軽自動車より小さなボディーや空冷2気筒エンジンの響き、リアエンジンならではのハンドリングであって、デザインに引かれていたわけではなかった。
なので、500が水冷エンジンをフロントに横置きした前輪駆動のハッチバックに生まれ変わり、さらにひと回り大きな5ドアクロスオーバーの500Xまで登場するというストーリーには戸惑うばかりだったが、ブランドでモノを選ぶ現代人にアピールするには、こういうものづくりこそ正道なのかもしれない。

その点、FCAグループは有利だ。フィアットとクライスラーの両陣営とも、昔からブランドの取り扱いに長(た)けているからだ。例えば前者は、同じプラットフォームからフィアットとランチアとアルファ・ロメオを、三者三様の個性を与えて生み出してきた経験を持つ。
ここで紹介する500Xとプラットフォームやパワートレインを共用する車種としては、「ジープ・レネゲード」がある。別の機会にレネゲードをドライブした経験から言えば、この2台はデザインだけでなく、例えば乗り心地ひとつ取っても、ちゃんと“500らしさ”“ジープらしさ”が表現できている。

今回テストした「500Xポップスタープラス」の具体的な評価は後に記す通りだが、個人的に最も印象に残ったのは、同じ素材から500Xとレネゲードという、まったく違う作品を作り上げてしまうFCAのブランドマネジメントだった。

<編集部注>各項目の採点は5点(★★★★★)が満点です。

2015年10月に国内販売がスタートした、スモールSUV「フィアット500X」。ボディーサイズのほかに、ドアが5枚ある点も、3ドアハッチバックの「500」と異なる。
2015年10月に国内販売がスタートした、スモールSUV「フィアット500X」。ボディーサイズのほかに、ドアが5枚ある点も、3ドアハッチバックの「500」と異なる。
今回のテスト車「500Xポップスタープラス」は、バイキセノンヘッドライトが標準装備。ランプユニットの内部には、500のロゴマークが見える。
今回のテスト車「500Xポップスタープラス」は、バイキセノンヘッドライトが標準装備。ランプユニットの内部には、500のロゴマークが見える。
「500Xポップスタープラス」のアルミホイールは、エントリーモデルの「500Xポップスター」よりも1インチ大きな18インチとなる。
「500Xポップスタープラス」のアルミホイールは、エントリーモデルの「500Xポップスター」よりも1インチ大きな18インチとなる。
 
フィアット500Xポップスタープラス(FF/6AT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500Xの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。