第21回:ラウンドアバウト――環状交差点の”今”を見に行く(その4)
アバウト女とタクシー運転手

2015.11.20 エッセイ

住人たちの意見

「環状交差点?」
「ラウンドアバウトのことですよね?」

JR飯田駅前で、明らかに近所の住人とわかる風体の中年の女性に聞いてみた。環状交差点についてお話を伺いたいのですが、と。そこで返ってきたのが冒頭の言葉だった。
「ゆずれ」の文字や交差点進入時に一時停止しないという事実に、グッときたり新鮮さを覚えたりしたけれど(第20回参照)、今回の取材でもっとも驚いたのはこの女性の言葉だった。

「ラウンドアバウトですよね」

環状交差点、と尋ねた私に、当然のように彼女の口を突いてでた「ラウンドアバウト」。それが意味しているのは要するに、この街では、少なくとも彼女自身、あるいは彼女の周囲では「ラウンドアバウト」が日常用語として使われているということにほかならない。日常生活のなかにラウンドアバウトが存在し、その交差点を利用しているのだから当然と言ってしまえばそれまでだけれど、そういう環境で暮らしているわけでない私にしてみれば、やっぱりびっくり仰天ものなのである。

東和町と吾妻町のラウンドアバウトを走って、これ、いいんじゃないか、と、私は感じた(第20回参照)。
では、地域の人たちの意見は?
ラウンドアバウトに改修した交差点の印象を尋ねた飯田市の調査によると、回答者(688人)の半数以上(54.3%)が「良くなった」「少し良くなった」と答えていたが、その一方で、20%弱の人が「悪くなった」「少し悪くなった」と感じているとわかった。で、私は思ったわけだ。「良い」とか「悪い」とか、この交差点を利用している地域の人たち――街行く人やタクシー運転手など――の意見を聞いてみたい、と。そして、最初に話を聞いたのがこの女性だったのだ。

「そもそも交通量が少ないのに、前は信号待ちがあった。それがなくなって無意味に止まることがなくなったのがいい」
彼女はこう話し、そして続けた。
「一時停止しないで譲るんですけどね、あの“ゆずれ”っていうの、あれ、判断はドライバー任せで、すごくアバウト過ぎるんじゃないかしら。だからラウンドアバウトっていうんでしょ?」
しゃれのつもりらしい。自分で言って、自分だけ笑っていた。

駅前のタクシー乗り場で客待ちをしていた運転手にも聞いてみた。

「吾妻町のラウンドアバウトは、改修前は、私たちが『ロータリー』と呼んでいた円形の交差点だった。だから交差点の形状としては見慣れていた。でも、それまでの“一時停止”から“ゆずれ”になって、その違いに慣れるまでは違和感があった。ロータリーの時代からそうだったけれど、信号待ちがなくてスムーズでいい」

たくさんの市民に意見を求めたわけではないけれど、それでも、私が接触した何人かの人たちからは、似たような言葉――「スムーズ」だとか「信号待ちがない」だとか――が聞こえてきて、ラウンドアバウトに否定的な意見って、きっと少ないんだろうと推測できた。
けれど、交差点進入時の「ゆずれ」(=一時停止なし)という事実を考えると、先の「20%弱」は、おそらく対歩行者の安全性への不安なのだろうとも同時に推測できた。

改正道交法の施行によって正式にラウンドアバウトの運用が開始されたのは2014年9月1日。

駅前で出会った女性は「あの頃、ラウンドアバウトの取材がたくさんあった」と言った。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。