スバル、インプレッサセダンのコンセプト発表【LAショー2015】

2015.11.19 自動車ニュース
「スバル・インプレッサセダン コンセプト」
「スバル・インプレッサセダン コンセプト」

【LAショー2015】スバルが次期型「インプレッサセダン」のコンセプトモデルを発表

富士重工業は2015年11月19日、米国ロサンゼルスオートショー(開催期間:2015年11月17日~11月29日)において、「インプレッサセダン コンセプト」を世界初公開した。

 
スバル、インプレッサセダンのコンセプト発表【LAショー2015】の画像

インプレッサセダン コンセプトは、スバルが次世代モデルの第1弾として位置づけている、次期型「インプレッサ」をイメージしたデザインスタディーモデルである。同様のコンセプトのもとに企画され、第44回東京モーターショーで発表された「インプレッサ5ドア コンセプト」がハッチバックボディーであったのに対し、今回のモデルは4ドアセダンとなっている。

「ヘキサゴングリル」と呼ばれる六角形のフロントグリル形状や、ドアパネルの下端に沿って跳ね上げられたボディー下部のキャラクターライン、力強く張り出した前後のフェンダーフレアなど、各部にインプレッサ5ドア コンセプトに準じた意匠を採用。ボディーカラーには「ルビーレッドメタリック」を用いている。

主要諸元
・全長×全幅×全高:4555×1880×1453mm
・ホイールベース:2670mm
・タイヤサイズ:235/40R19
・乗車定員:5人

(webCG)

→「スバル・インプレッサセダン コンセプト」の写真はこちら
 

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る