トヨタ・プリウス プロトタイプ(FF/CVT)/プリウス プロトタイプ(4WD/CVT)

TNGAの出発点 2015.11.18 試乗記 “クルマづくりの構造改革”をうたう新世代プラットフォームをベースに、これまで以上の走る楽しさや燃費性能を目指して開発された、4代目「トヨタ・プリウス」。トヨタを代表するエコカーは、どのような進化を遂げたのだろうか。量産型の発売に先駆け、プロトタイプに試乗した。

プリウスの「弱み」とは?

富士スピードウェイには朝から大勢の取材陣が詰めかけ、駐車場はまたたく間に満杯になった。プロトタイプではあるが、新型プリウスに初めて乗れる機会なのだから当然だ。注目のモデルであるというだけではなく、トヨタが「これが未来の骨格だ」というスローガンを掲げて推進するToyota New Global Architecture(TNGA)を採用する第1号車なのである。これから10年以上先まで「もっといいクルマづくり」を続けていくための、基盤となるテクノロジーが見えるはずなのだ。

会場に並べられた試乗車の中で、ひときわ目を引くのは新色「サーモテクトライムグリーン」に塗られたモデルである。「シエンタ」の「エアーイエロー」も鮮烈だったが、さらに派手な色だ。遮熱機能付きというのが新しい。ほかの色でも、大胆な造形はなかなかのインパクトがある。東京モーターショーに展示されている時はショーカーとして受け止めることができたが、これが日本中の道にあふれると街の風景が変わってしまいそうだ。

説明会では、もっとショッキングな出来事が待っていた。渡された資料の表紙にとんでもないことが書いてあったのだ。「これまでのプリウスの『強み』と『弱み』」というタイトルで、初代から3代目までのモデルの写真が並べられる。「圧倒的な燃費性能」と「先進装備」を強みとして掲げるのはいい。しかし、その次に「走りの楽しさ/乗り心地」と「スタイリング」が弱みだったとはっきり書いてある。これまでのプリウスは乗り心地が悪くて走っても楽しくなかったし、見た目がカッコ悪かったと言っているようなものだ。諸先輩方にケンカを売っているようにも聞こえるが、まあ、そのぐらいの意気込みで作ったということなのだろう。

試乗会場に置かれた、新型「プリウス」のカットモデル。新開発の骨格や構造用接着剤の採用により、ボディーのねじり剛性は先代より約60%向上した。
「先進的かつエモーショナル」と表現されるエクステリア。写真のボディーカラー「サーモテクトライムグリーン」には、車体表面の温度上昇を抑える働きがある。
前席は、座骨に集中しがちな圧力を分散、包み込まれるような快適な掛け心地を提供するという。
リアの造形も個性的。Cピラーがブラックアウトされているため、ルーフ後端は浮いているように見える。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る