ホンダ、北米で新型シビッククーペを発表【LAショー2015】

2015.11.18 自動車ニュース

【LAショー2015】ホンダ、北米で新型「シビッククーペ」を発表

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、2015年11月17日(現地時間)に開幕した米国ロサンゼルスオートショーで、新型「シビッククーペ」を世界初公開した。

■北米では2016年3月に発売

新型シビッククーペは、2015年9月16日に発表されたセダンに次ぐ、新型シビックシリーズの第2弾となるモデルである。

エクステリアデザインは、セダンよりも低いルーフラインや、セダン以上に強調されたファストバックスタイル、短いリアオーバーハング、左右のテールランプをテールゲート上で横一文字につないだデザインのLEDテールランプなどによって、スポーティーさが追求されている。

エンジンはセダン同様、1.5リッター直4直噴ターボと、2リッター直4の2種類が搭載される。 このほか、安全装備として運転支援システムの「Honda SENSING」が設定されたのも見どころとなっている。

北米での発売時期は、2016年3月になる見込み。

(webCG)

新型「ホンダ・シビッククーペ」(北米仕様)
新型「ホンダ・シビッククーペ」(北米仕様) 拡大
 
ホンダ、北米で新型シビッククーペを発表【LAショー2015】の画像 拡大
 
ホンダ、北米で新型シビッククーペを発表【LAショー2015】の画像 拡大
 
ホンダ、北米で新型シビッククーペを発表【LAショー2015】の画像 拡大
 
ホンダ、北米で新型シビッククーペを発表【LAショー2015】の画像 拡大

関連キーワード:
シビックホンダロサンゼルスモーターショー2016Honda SENSING自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
ホームへ戻る