マクラーレン570Sクーペ(MR/7AT)

マクラーレンの本質が宿っている 2015.11.21 試乗記 マクラーレンの「スポーツシリーズ」の第1弾となる「570Sクーペ」がいよいよ公道に降り立った。ファーストドライブの舞台は南ポルトガル。一般公道試乗のほか、アルガルヴェ・サーキットで570psを解放して、その実力と魅力を徹底的に探った。

ライバルは650S

「570Sの開発に際しては、どのようなポジショニングにするかの議論に長い時間を費やしました」 マクラーレン・オートモーティブのチーフテストドライバーであるクリス・グッドウィンは私にそう打ち明けてくれた。「ライバルとの関係についてももちろん議論しましたが、中心となったのは『650S』との違いをどのように設定するかにありました」

「ポルシェ911 GT3」の好敵手になるとかねてより噂(うわさ)されていたマクラーレン570S。彼らの基幹モデルである650Sとのスペック上の主な違いは、(1)エンジンパワーが80ps低められて570psとされたこと、(2)ボディーパネルがカーボン製からアルミ製に変わったこと、(3)一般的なロールバーを不要にしたプロアクティブ・シャシー・コントロール(PCC)サスペンション・システムが省かれたこと、(4)可変式空力パーツを装備していないこと、の4点に集約できる。

そのいっぽうで、成長著しいマクラーレン・オートモーティブは650Sにはない新機軸を570Sに盛り込んでいる。例えば、マクラーレンの最大の特色でもあるカーボンモノコックはサイドシルを8cmも下げて乗降性を改善したほか、キャビンにはグローブボックス、ドアポケット、ドリンクホルダーなどの収納スペースを新設したうえにバニティーミラーまで装備。また、現行のフランク・ステファンソン+ロブ・メルヴィル体制になる以前にデザインされた「MP4/12C」の面影を受け継ぐ650Sに対し、570Sには彼らふたりが生み出したシュリンク・ラップト・デザインが全面的に採用されていることも見逃せない魅力といえる。

では、そうして完成した570Sはいかなるスーパースポーツカーだったのか? 順にリポートしていこう。

マクラーレンの「スポーツシリーズ」とは、同社の製品の中ではベーシックかつピュアなシリーズのこと。価格的には“最も身近なマクラーレン”となる。上位に「アルティメットシリーズ」と「スーパーシリーズ」がある。


	マクラーレンの「スポーツシリーズ」とは、同社の製品の中ではベーシックかつピュアなシリーズのこと。価格的には“最も身近なマクラーレン”となる。上位に「アルティメットシリーズ」と「スーパーシリーズ」がある。
カーボン製のセンターモノコックは「スポーツシリーズ」向けに開発された「モノセルII」(単体重量80kg以下)と呼ばれるもの。乗降性が改善されている。
カーボン製のセンターモノコックは「スポーツシリーズ」向けに開発された「モノセルII」(単体重量80kg以下)と呼ばれるもの。乗降性が改善されている。
キャビン背後のエンジンフード部を見る。空力性能を考慮した「シュリンク・ラップト(小さく引き締まった)」と呼ばれるデザイン手法が用いられており、「フローティングCピラー」(リアウィンドウの両脇が素通しになっている)がユニーク。
キャビン背後のエンジンフード部を見る。空力性能を考慮した「シュリンク・ラップト(小さく引き締まった)」と呼ばれるデザイン手法が用いられており、「フローティングCピラー」(リアウィンドウの両脇が素通しになっている)がユニーク。
マクラーレン・ロードカーの“文法”に従ってドアは跳ね上げ式(同社は「ディへドラルドア」と呼ぶ)。リアエンドには本格的なディフューザーが備わり、ただならぬ雰囲気を放つ。
マクラーレン・ロードカーの“文法”に従ってドアは跳ね上げ式(同社は「ディへドラルドア」と呼ぶ)。リアエンドには本格的なディフューザーが備わり、ただならぬ雰囲気を放つ。
関連記事
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【海外試乗記】 2016.6.23 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」に試乗した。このモデルのテーマは、日常的な使いやすさと快適性のさらなる改善。その狙い通り、毎日乗りたくなるスーパースポーツカーに仕上がっていた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】NEW 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
ホームへ戻る