第425回:ローマ教皇の新パレード車に、いすゞ採用!

2015.11.20 エッセイ

教皇は倹約家

2013年3月に就任したローマ教皇フランシスコは、質素をよしとすることで知られてきた。故郷アルゼンチンでの司教時代には、電車で移動する写真が残されている。
教皇就任後も、その倹約家ぶりが報じられてきた。イタリアの主要紙のひとつ『コリエッレ・デッラ・セーラ』によると、胸に提げる十字架は従来200~500ユーロの品が用いられていたが、フランシスコ教皇のものは56ユーロのスチール製だ。法衣(ほうえ)は彼の下で働く枢機卿用(600~800ユーロ)より安い約120ユーロという。昼ごはんは修道院内のセルフサービス食堂で済ませている。
イタリアで昨2014年の暮れに行われた「信頼できるものは何か?」との調査では、87%が「フランシスコ教皇」と答え、2位の「公安機関」(67%)、3位の「教育機関」(53%)を引き離した。その背景は、そうした教皇の姿勢への好感からであろう。

イタリアの土産物店で。フランシスコ教皇のお面がオバマ米大統領やレンツィ伊首相のものと共に販売されているのは、その人気ゆえであろう。
イタリアの土産物店で。フランシスコ教皇のお面がオバマ米大統領やレンツィ伊首相のものと共に販売されているのは、その人気ゆえであろう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。