ランボルギーニ・ウラカンのMRモデルが登場

2015.11.18 自動車ニュース
「ランボルギーニ・ウラカンLP580-2」
「ランボルギーニ・ウラカンLP580-2」 拡大

「ランボルギーニ・ウラカン」のMRモデルが登場

伊ランボルギーニは2015年11月17日、スーパースポーツ「ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」を発表した。

■MRらしい走りがポイント

デビュー以来、4WD車のみだったウラカンに二輪駆動のMR車が追加設定された。
モデル名は、ウラカンLP580-2。ランボルギーニによれば、同車は「後輪駆動車ならではの運転の楽しさを重視した設計」で、「パワーマネジメント機能の再調整や車重の軽減により、魅力的なドライビングエクスペリエンスをドライバーに提供する」という。

キャビン後方に縦置きされるエンジンは、自然吸気の5.2リッターV10。4WD車の「ウラカンLP610-4」と基本的に同じエンジンで、気筒休止システムを装備する点も共通だが、580psの最高出力と55.1kgmの最大トルクは4WDモデル(610ps、57.1kgm)に一歩ゆずる。
0-100km/h加速=3.4秒、最高速度=320km/hというパフォーマンスも、ウラカンLP610-4の3.2秒、325km/hに比べれば控えめになっている。

一方で、ウラカンLP580-2の車重(乾燥重量)は、ウラカンLP610-4よりも33kg軽い1389kgに抑えられている。前後重量配分を40:60とすることでフロントアクスルの慣性力を削減しており、「ストラーダ」「スポルト」「コルサ」からなるランボルギーニの選択式ドライビングモードと相まって、MR車ならではの動きを実感できるという。

価格は、2462万4000円。

(webCG)

関連キーワード:
ウラカンランボルギーニガヤルド自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マクラーレン、英国で新型車「600LT」を世界初公開 2018.7.12 自動車ニュース 英マクラーレンが新型車「600LT」を世界初公開。専用の空力パーツを装着したボディーに、最高出力600psのエンジンを搭載した「スポーツシリーズ」の高性能モデルで、上級モデル「675LT」に匹敵する動力性能、運動性能を実現しているという。
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
ホームへ戻る