ポルシェ911 GT3 RS(RR/7AT)

純粋に速さを求めるドライバーにささぐ 2015.11.23 試乗記 「ポルシェ911」シリーズに、ニュルブルクリンク北コースを7分20秒で駆け抜ける“走り”のトップモデル「GT3 RS」が登場。ポルシェ伝統の「RS(レンシュポルト)」の名を現代に受け継ぐ高性能モデルの実力を、富士スピードウェイの本コースで試す。

「GT3」を超える911シリーズのトップモデル

「918スパイダー」をはじめとしたスーパーハイエンドモデルを除けば、ポルシェにおける“走り”の頂点に君臨するモデル、911 GT3 RSに富士スピードウェイで試乗することができた。最も注目すべき点はずばり、同じ名を掲げる「911 GT3」に対して、RSがどのようなエボリューションを果たしているかだろう。「タイプ991」のGT3は、現代のGTスポーツカーの中にあって珠玉の存在である。単にその速さだけでGT3を持ち上げているのではない。たとえアマチュアドライバーが操ったとしても、その速さの中にドライビングの奥深さをシッカリと見いだせるからこそ、このクルマは逸材といえるのだ。だからこそ、今回の“レンシュポルト”がそこに、どれほどの価値を上乗せしているのかが見ものなのである。

スペックでその違いを見てみると、まずベースとなるエンジンはGT3と同じ。これまでの、GT1クランクと空冷時代の腰下を使ったエンジンは、タイプ991からは新設計の水平対向6気筒直噴ユニットに刷新された。排気量はGT3から200ccアップした3996cc。先代「タイプ997」に設定された限定モデル「911 GT3 RS 4.0」より4リッターの大台を踏襲した形になる。

その最高出力はGT3比でプラス25psの500ps/8250rpm。最大トルクは同プラス2.0kgmの46.9kgm/6250rpm。クランク長を伸ばしピストンスピードが速まったにもかかわらず9000rpmまできっちり回る、驚くほど高回転型なユニットとなった。おそらくは、12.9という高い圧縮比と直噴技術がこれを可能としたのだろう。組み合わされるトランスミッションは、GT3同様デュアルクラッチ式の7段PDKのみである。

「911 GT3」のさらなる高性能バージョンである「911 GT3 RS」。より高められた動力性能に加え、サーキットのピットレーンを走る際に使う速度制限機能など、モータースポーツでの使用を想定した装備も特徴となっている。


	「911 GT3」のさらなる高性能バージョンである「911 GT3 RS」。より高められた動力性能に加え、サーキットのピットレーンを走る際に使う速度制限機能など、モータースポーツでの使用を想定した装備も特徴となっている。

「911 GT3 RS」のインテリア。「918スパイダー」由来の、直径360mmの「GT3 RSスポーツステアリングホイール」が装備される。


	「911 GT3 RS」のインテリア。「918スパイダー」由来の、直径360mmの「GT3 RSスポーツステアリングホイール」が装備される。

パワーユニットには「911」シリーズでは最大排気量となる4リッターの水平対向6気筒直噴エンジンを搭載。自然吸気でありながら、125ps/リッターの比出力を実現している。


	パワーユニットには「911」シリーズでは最大排気量となる4リッターの水平対向6気筒直噴エンジンを搭載。自然吸気でありながら、125ps/リッターの比出力を実現している。
トランスミッションには7段デュアルクラッチ式ATを採用。「GT3」用のものをベースに21インチのリアタイヤ用にギアリングを変更しているほか、MT車のように任意にクラッチを切り離すことができる「パドルニュートラル」機能を備えている。
トランスミッションには7段デュアルクラッチ式ATを採用。「GT3」用のものをベースに21インチのリアタイヤ用にギアリングを変更しているほか、MT車のように任意にクラッチを切り離すことができる「パドルニュートラル」機能を備えている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る