スポーティーな日産ジュークNISMOが復活

2015.11.20 自動車ニュース
「日産ジュークNISMO」
「日産ジュークNISMO」

スポーティーな「日産ジュークNISMO」が復活

日産自動車は2015年11月18日、クロスオーバーモデル「ジューク」の新グレード「NISMO」を発売した。

 
スポーティーな日産ジュークNISMOが復活の画像
 
スポーティーな日産ジュークNISMOが復活の画像

ジュークNISMOは、モータースポーツの世界で培ったエアロダイナミクステクノロジーを生かしたエクステリアや、スポーティーな仕立てのインテリアを特徴とする、ジュークのプレミアムスポーツバージョン。

同じ車名のモデルは2013年2月19日に発売されたものの、2014年11月26日に、パワーユニットや足まわりにまで専用チューンを施した高性能モデル「ジュークNISMO RS」が発売されると同時に、カタログから消滅した。
今回は、スポーティーな内外装のジュークを求める市場の声に応える形での“復活”となる。

新生ジュークNISMOのベースとなるのは、1.6リッター直4ターボエンジンを搭載する4WDモデル「16GT FOUR」。
NISMO RSと共通の18インチアルミホイールやフロントグリル、前後バンパー、オーバーフェンダーなどでエクステリアがドレスアップされる。インテリアも、専用の本革/アルカンターラ巻き3本スポークステアリングホイール(レッドセンターマーク、レッドステッチ付き)、専用スエード調シート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付き)、専用内装フィニッシャーなどで飾られる。

さらに、専用の車速感応式電動パワーステアリングや専用サスペンションも装備。スポーティーなハンドリングと上質な乗り心地、高速安定性のトータルバランスを高めたという。

価格は297万1080円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る