スポーティーな日産ジュークNISMOが復活

2015.11.20 自動車ニュース
「日産ジュークNISMO」
「日産ジュークNISMO」

スポーティーな「日産ジュークNISMO」が復活

日産自動車は2015年11月18日、クロスオーバーモデル「ジューク」の新グレード「NISMO」を発売した。

 
スポーティーな日産ジュークNISMOが復活の画像
 
スポーティーな日産ジュークNISMOが復活の画像

ジュークNISMOは、モータースポーツの世界で培ったエアロダイナミクステクノロジーを生かしたエクステリアや、スポーティーな仕立てのインテリアを特徴とする、ジュークのプレミアムスポーツバージョン。

同じ車名のモデルは2013年2月19日に発売されたものの、2014年11月26日に、パワーユニットや足まわりにまで専用チューンを施した高性能モデル「ジュークNISMO RS」が発売されると同時に、カタログから消滅した。
今回は、スポーティーな内外装のジュークを求める市場の声に応える形での“復活”となる。

新生ジュークNISMOのベースとなるのは、1.6リッター直4ターボエンジンを搭載する4WDモデル「16GT FOUR」。
NISMO RSと共通の18インチアルミホイールやフロントグリル、前後バンパー、オーバーフェンダーなどでエクステリアがドレスアップされる。インテリアも、専用の本革/アルカンターラ巻き3本スポークステアリングホイール(レッドセンターマーク、レッドステッチ付き)、専用スエード調シート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付き)、専用内装フィニッシャーなどで飾られる。

さらに、専用の車速感応式電動パワーステアリングや専用サスペンションも装備。スポーティーなハンドリングと上質な乗り心地、高速安定性のトータルバランスを高めたという。

価格は297万1080円。

(webCG)

関連キーワード:
ジューク日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
  • 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)【試乗記】 2011.1.31 試乗記 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)
    ……296万1000円

    「日産ジューク」のハイパワー&4WDグレード「16GT FOUR」に試乗。足まわりの仕上がり具合を中心に、その走りを峠道でチェックしてみた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る