スポーティーな日産ジュークNISMOが復活

2015.11.20 自動車ニュース
「日産ジュークNISMO」
「日産ジュークNISMO」 拡大

スポーティーな「日産ジュークNISMO」が復活

日産自動車は2015年11月18日、クロスオーバーモデル「ジューク」の新グレード「NISMO」を発売した。

ジュークNISMOは、モータースポーツの世界で培ったエアロダイナミクステクノロジーを生かしたエクステリアや、スポーティーな仕立てのインテリアを特徴とする、ジュークのプレミアムスポーツバージョン。

同じ車名のモデルは2013年2月19日に発売されたものの、2014年11月26日に、パワーユニットや足まわりにまで専用チューンを施した高性能モデル「ジュークNISMO RS」が発売されると同時に、カタログから消滅した。
今回は、スポーティーな内外装のジュークを求める市場の声に応える形での“復活”となる。

新生ジュークNISMOのベースとなるのは、1.6リッター直4ターボエンジンを搭載する4WDモデル「16GT FOUR」。
NISMO RSと共通の18インチアルミホイールやフロントグリル、前後バンパー、オーバーフェンダーなどでエクステリアがドレスアップされる。インテリアも、専用の本革/アルカンターラ巻き3本スポークステアリングホイール(レッドセンターマーク、レッドステッチ付き)、専用スエード調シート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付き)、専用内装フィニッシャーなどで飾られる。

さらに、専用の車速感応式電動パワーステアリングや専用サスペンションも装備。スポーティーなハンドリングと上質な乗り心地、高速安定性のトータルバランスを高めたという。

価格は297万1080円。

(webCG)

関連キーワード:
ジューク日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン【開発者インタビュー】 2018.7.2 試乗記 ユーザーの若返りを最重要課題に掲げて全面的に刷新された、トヨタの高級セダン「クラウン」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの秋山 晃さんと、デザインを取りまとめた國重 健さんに語ってもらった。
  • アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.4 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、アウディの高性能ハッチバック車「RS 3スポーツバック」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、もはや万能とも思える実力の高さが伝わってきた。
ホームへ戻る