ホンダ、N-BOXシリーズに一部改良を実施

2015.11.20 自動車ニュース
「ホンダN-BOX G・Lパッケージ」(手前)と「N-BOXカスタムG・Lパッケージ」(奥)。
「ホンダN-BOX G・Lパッケージ」(手前)と「N-BOXカスタムG・Lパッケージ」(奥)。

ホンダが「N-BOX」シリーズに一部改良を実施

本田技研工業は2015年11月20日、トールワゴンタイプの軽乗用車「N-BOX」「N-BOX+」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「N-BOX C」
「N-BOX C」
「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」の解説イラスト。
「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」の解説イラスト。
新規設定色の「プレミアムアイボリー・パール」(手前)と「ブリティッシュグリーン・パール」(奥)。
新規設定色の「プレミアムアイボリー・パール」(手前)と「ブリティッシュグリーン・パール」(奥)。

今回の改良では、N-BOXに新たなエントリーグレードとして「C」を追加設定した。価格はFF車が119万8000円、4WD車が132万8000円。

また、装備の強化も図っており、紫外線(UV)を約99%カットし、赤外線(IR)を軽減するガラスをすべての窓に採用した「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」を、Cおよび「G」を除く全車に、「ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器(ナビ連動タイプ)」をN-BOX C、N-BOX G、N-BOX+ Gを除く全車に標準装備とした。

カラーバリエーションについては、モノトーンに「プレミアムアイボリー・パール」「ブリティッシュグリーン・パール」の2種類を、2トーンカラースタイルに「プレミアムアイボリー・パール&ブラウン」「ブリティッシュグリーン・パール&シルバー」の2種類を追加した。

価格はN-BOXが119万8000円~165万9400円、N-BOXカスタムが148万円~185万9400円、N-BOX+が134万円~172万9400円、N-BOX+カスタムが154万円~192万9400円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

N-BOXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る