ホンダ、N-BOXシリーズに一部改良を実施

2015.11.20 自動車ニュース
「ホンダN-BOX G・Lパッケージ」(手前)と「N-BOXカスタムG・Lパッケージ」(奥)。
「ホンダN-BOX G・Lパッケージ」(手前)と「N-BOXカスタムG・Lパッケージ」(奥)。

ホンダが「N-BOX」シリーズに一部改良を実施

本田技研工業は2015年11月20日、トールワゴンタイプの軽乗用車「N-BOX」「N-BOX+」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「N-BOX C」
「N-BOX C」
「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」の解説イラスト。
「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」の解説イラスト。
新規設定色の「プレミアムアイボリー・パール」(手前)と「ブリティッシュグリーン・パール」(奥)。
新規設定色の「プレミアムアイボリー・パール」(手前)と「ブリティッシュグリーン・パール」(奥)。

今回の改良では、N-BOXに新たなエントリーグレードとして「C」を追加設定した。価格はFF車が119万8000円、4WD車が132万8000円。

また、装備の強化も図っており、紫外線(UV)を約99%カットし、赤外線(IR)を軽減するガラスをすべての窓に採用した「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」を、Cおよび「G」を除く全車に、「ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器(ナビ連動タイプ)」をN-BOX C、N-BOX G、N-BOX+ Gを除く全車に標準装備とした。

カラーバリエーションについては、モノトーンに「プレミアムアイボリー・パール」「ブリティッシュグリーン・パール」の2種類を、2トーンカラースタイルに「プレミアムアイボリー・パール&ブラウン」「ブリティッシュグリーン・パール&シルバー」の2種類を追加した。

価格はN-BOXが119万8000円~165万9400円、N-BOXカスタムが148万円~185万9400円、N-BOX+が134万円~172万9400円、N-BOX+カスタムが154万円~192万9400円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.16 試乗記 ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……154万5000円

    ちょっとレトロな表情を見せる、ホンダの軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」。そのクルマとしての仕上がりは? 巨匠 徳大寺有恒が確かめた。
  • スズキ、「SX4 Sクロス」に一部仕様変更を実施 2017.6.15 自動車ニュース スズキは、クロスオーバー「SX4 Sクロス」を一部仕様変更し、2017年7月6日に発売する。今回の変更の主な内容は、新しいフロントデザインの採用と内装の質感向上、6段ATの採用など。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
ホームへ戻る