スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドMV(FF/CVT)

存在意義のあるクルマ 2015.11.29 試乗記 5ナンバーサイズのコンパクトカーと軽自動車の間という、絶妙なボディーサイズが特徴の「スズキ・ソリオ」。人気の軽ハイトワゴンではなく、あえてこのサイズのコンパクトワゴンを選ぶ意義とは?

CMソングはラモーンズ?

前型のCMに出ていたのがKAT-TUNなら、新型のCMに出ているのはTOKIOである。「後輩からパイセンにバトンタッチってそれ事務所的にどうなわけ?」と、某芸能事務所のファンの間でソリオがちょっとした話題になったそうだ。それだけでもスズキ的には勝利であろう。

が、僕にとってはそんなことより、そのパイセン側がやっている現在のCMで流れるBGMが、ラモーンズの名曲をアレンジしたものだったことに反応してしまった。洋楽に明るい人にはよく知られたバンドなわけだが、果たしてソリオを求める客筋にそれは通じるのだろうか。
……と思いつつ聞いてみれば、ソリオの顧客層、幅広くて絞りにくいものの、ど真ん中は40~50代のファミリー層だという。残念ながらファミリーは持たずとも、年齢的には自分、ど真ん中。完全にタマ筋を広告代理店に読まれているわけだ。

新しいソリオの技術的なトピックは、先の「アルト」から展開が始まったAセグメント系のそれを応用して、プラットフォームを完全刷新したことにある。加えて、従来は「S-エネチャージ」と呼んでいたマイルドハイブリッドシステムを、登録車用に発展させて搭載したことも挙げられるだろう。ちなみに今回、くだんのラモーンズのBGMに乗せて大きくハイブリッドであることを打ち出しているのは、同様のメカニズムを積んでハイブリッドをうたう登録車が他にもあること、そして登録車の市場ではハイブリッドのキーワードがなければ来客の誘引にも苦労するからとのことらしい。販売現場的には軽には軽の、登録車には登録車の戦法があるというわけだ。

2015年8月にデビューした現行型「スズキ・ソリオ」。CMキャラクターはTOKIOで、ソリオのCMではラモーンズの名曲「Do You Remember Rock 'N' Roll Radio?」をアレンジした歌曲が、「ソリオ バンディット」のCMでは、TOKIOが今回のCMのために書き下ろしたという「東京ドライブ」が流れている。
2015年8月にデビューした現行型「スズキ・ソリオ」。CMキャラクターはTOKIOで、ソリオのCMではラモーンズの名曲「Do You Remember Rock 'N' Roll Radio?」をアレンジした歌曲が、「ソリオ バンディット」のCMでは、TOKIOが今回のCMのために書き下ろしたという「東京ドライブ」が流れている。
「ソリオ バンディット」のインストゥルメントパネルまわり。運転席側のアッパーボックスや紙パックにも対応するドリンクホルダーなど、各所に収納が設けられている。
「ソリオ バンディット」のインストゥルメントパネルまわり。運転席側のアッパーボックスや紙パックにも対応するドリンクホルダーなど、各所に収納が設けられている。
「ソリオ」のマイルドハイブリッドシステムは、軽乗用車用の「S-エネチャージ」をベースに「ISG」(モーター機能付き発電機)の出力を向上させたもの。S-エネチャージ搭載車と同じく、助手席のシートの下には駆動用のバッテリーが積まれている。
「ソリオ」のマイルドハイブリッドシステムは、軽乗用車用の「S-エネチャージ」をベースに「ISG」(モーター機能付き発電機)の出力を向上させたもの。S-エネチャージ搭載車と同じく、助手席のシートの下には駆動用のバッテリーが積まれている。
フロントのフェンダーパネルに装着された「HYBRID」のバッジ。
フロントのフェンダーパネルに装着された「HYBRID」のバッジ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソリオ バンディットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スズキ・ソリオ(後編) 2015.8.26 画像・写真 注目は燃費や予防安全装備だけにあらず。新型「スズキ・ソリオ」は、コンパクトハイトワゴンの本領である使い勝手も改善している。「バンディット ハイブリッドMV」を題材に、内外装のディテールや、収納スペース、快適装備などを写真で紹介する。
  • 「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車 2016.12.8 自動車ニュース スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ バンディット」の特別仕様車「Fリミテッド」を発売。メッキのドアハンドルやラックススエードとレザー調皮革のコンビシートなどが採用された内外装が特徴となっている。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッド:合理的で美しい 2015.11.5 自動車ニュース 第44回東京モーターショーにおいて、スズキブースの片隅に展示された青いコンパクトワゴン。一見するとただの「ソリオ バンディット」なのだが、実はこれ、スズキが独自に開発中のハイブリッドカーなのだ。いかにも“スズキらしい”その機構の特徴を解説する。
ホームへ戻る