ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(FF/6AT)

作り手の魂が伝わってくる 2015.11.25 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール」の中で、最もサーキット寄りの仕様となる「トロフィー」に試乗。ワインディングロードを走らせてみると、ルノースポールならではの“チューニングの妙味”が、さまざまなところに感じられた。

高性能モデルの“さらに上”

現在のルノースポール(以下、R.S.)では、通常シリーズのさらに上に位置づけられる、最高峰の公道用限定モデルに「トロフィー」の名を冠することになっている。市販FF車最速をうたってきた「メガーヌR.S.」においても、独ニュルブルクリンクで最後に最速タイムを記録したのは「トロフィーR」という限定車である(現在はニュルを占有してのタイムアタックは禁止されている)。

ルーテシアR.S.のトロフィーも、仕立ての手法は兄貴分のメガーヌR.S.のそれと似ている。クルマの基本構成はベースのR.S.そのままに、エンジンをライトチューンして、さらにアシを引き締めている。
ルーテシアR.S.トロフィーの場合、エンジンのカタログ値は、最大過給圧アップ(1.9→2.0bar)によって最高出力で20ps、最大トルクで2.0kgmの上乗せとなっている。ただ、ターボチャージャーの大径化やロスを低減させた吸気系など、エンジンのハードウエアにも手が入っているという。ピーク性能の発生回転数もわずかに高くなっているが、最高出力で+50rpm、最大トルクで+250rpmだから、これはほぼ体感不能の誤差に近いものといってよい。

シャシーも題して“シャシートロフィー”なる専用チューンとなる。既存の“シャシーカップ”比で、ステアリングギア比をさらにクイック化したほか、スプリングレートをそのままに、車高をフロントで20mm、リアで10mmとわずかに前のめりにローダウン化して、ダンパー減衰力のみ約40%高められているという。ちなみに、日本の国交省届出値では、この程度の車高差は公差の範囲内ということで、日本仕様のカタログに記載される全高は変わっていない。

サイドシルには、最高峰モデル「TROPHY」のロゴマークとシリアルナンバーが入った専用のプレートが装着される。
サイドシルには、最高峰モデル「TROPHY」のロゴマークとシリアルナンバーが入った専用のプレートが装着される。
大きく張り出したサイドサポートを持つ前席。シートの表皮はファブリックで、R.S.のロゴマークや赤いステッチで飾られる。
大きく張り出したサイドサポートを持つ前席。シートの表皮はファブリックで、R.S.のロゴマークや赤いステッチで飾られる。

最高出力220psを発生する「ルーテシアR.S.トロフィー」の1.6リッター直4ターボエンジン。スタート&ストップ機能も備わる。


	最高出力220psを発生する「ルーテシアR.S.トロフィー」の1.6リッター直4ターボエンジン。スタート&ストップ機能も備わる。
「ルーテシアR.S.トロフィー」の足まわりは、「ルーテシアR.S.シャシーカップ」比で、フロントが20mm、リアが10mmローダウンされている。
「ルーテシアR.S.トロフィー」の足まわりは、「ルーテシアR.S.シャシーカップ」比で、フロントが20mm、リアが10mmローダウンされている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る