MINIクーパー クラブマン(FF/6AT)

カワイイのその先へ 2015.11.26 試乗記 全長4270mm、全幅1800mmとシリーズでもっとも大きなボディーを持つにいたった新型「MINIクラブマン」。いよいよCセグメントに成長した立派なボディーがもたらす走りとは? 1.5リッター直3エンジンを搭載する「クーパー」に試乗した。

MINIでも幅は「クラウン」

とうとう全幅1.8m。ボディーの幅だけでいえば、もうクラブマンではなくて「クラウン」である。MINIが生き延びるためには、強烈な個性を薄めてより一般化し、またより多くの顧客を引き付けるためにはボディーサイズもミニから脱皮する方向を目指さなければならない、と頭のどこかで理解してはいるが、どこまで「ミニ」と呼べるのか、あらためて考えさせられた新型クラブマンである。それはたとえば“カワイイ”は何歳まで許されるのか、あるいは子ども料金はどのぐらいの身長まで適用されるのか、などという答えの出ない設問と似ているようにも思えるが、どうもBMWはこのようなサイズ拡大も初めから行程表に織り込み済みのような気がする。少しずつ世の中に浸透させていけば、前輪駆動のBMWが当たり前になるように、CセグメントどころかDセグメントサイズのMINIも可能かもしれない。というふうに考えるとちょっとブルッとする。BMW、恐るべし。

2代目(BMW MINIとして)にして一気に成長したMINIクラブマンの日本向けモデルは2種類あり、クーパーは1.5リッター3気筒ターボ(136ps/220Nm)に6AT、「クーパーS」は2リッター4気筒ターボ(192ps/280Nm)に8ATの組み合わせ。ベース価格はそれぞれ344万円と384万円。ただし、ここに取り上げたクーパー クラブマンの試乗車は例によって豊富な種類のオプションがふんだんに(計140万円余り)大盛りされており、トータルでは487.9万円に及ぶ高額モデルである点にご注意ください。

新型「MINIクラブマン」には試乗した「クーパー」(車両価格344万円)のほかに、2リッター直4ターボの「クーパーS」(384万円)が設定される。


	新型「MINIクラブマン」には試乗した「クーパー」(車両価格344万円)のほかに、2リッター直4ターボの「クーパーS」(384万円)が設定される。
全幅が115mmも拡大され、それに応じてインテリアもルーミーに。クロムのトリムをちりばめ、上質感を演出している。
全幅が115mmも拡大され、それに応じてインテリアもルーミーに。クロムのトリムをちりばめ、上質感を演出している。
1.5リッター直3ターボエンジンのスペック(136ps、22.4kgm)は3ドア/5ドアハッチバックモデルと同じ。ただしJC08モード燃費は17.1km/リッターにとどまる。
1.5リッター直3ターボエンジンのスペック(136ps、22.4kgm)は3ドア/5ドアハッチバックモデルと同じ。ただしJC08モード燃費は17.1km/リッターにとどまる。
試乗車のボディーカラーは「ピュア・バーガンディー」。オプションの「シルバー・ルーフ&ミラー・キャップ」を組み合わせている。
試乗車のボディーカラーは「ピュア・バーガンディー」。オプションの「シルバー・ルーフ&ミラー・キャップ」を組み合わせている。
関連記事
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
ホームへ戻る