トヨタ・プリウス 開発者インタビュー

生真面目なんて言わせない 2015.11.25 試乗記 トヨタ自動車
デザイン本部
トヨタデザイン部 第3デザイン室長
児玉修作(こだま しゅんさく)さん

リッター40kmといわれる燃費性能のほかに、4代目「トヨタ・プリウス」では個性的なデザインが大きな話題となっている。そのカタチはどんな経緯で生まれ、開発にあたっては、どんな課題があったのだろうか? 生みの親に話を聞いた。

「ワオ!」と言わせたい

東京モーターショーに出展された4代目プリウスのデザインは、極端な賛否両論を呼んだ。斬新な造形を称賛する声もあれば、“ダサい”“カッコ悪い”と全否定する人もいる。日本を代表するエコカーだからこそ、よくも悪くも注目が集まる宿命だ。40km/リッターという驚異的な燃費を持つといわれる新型プリウスは、高い空力性能を持つとともに先進性を感じさせるスタイルでなければならない。困難な課題にどう取り組んだのか、チーフデザイナーの児玉修作氏に聞いた。

3代目は環境にいいことはわかるが、ちょっとボクシーで四角い印象だねと言われることもあります。そして、生真面目すぎるっていう評価があるんですね。そこはぜひ4代目で刷新して「ワオ!」と言わせたいなと。

――「ワオ!」は社長から求められていますよね。

「ワオ!」がないと言われたらやり直しですから(笑)。プリウスに見えるという範囲の中で、4代目としてどのような意匠にすれば新しくなるか、というのをずっと議論してきましたね。
空力性能はもちろん技術の進化もありますので、それはデザインでも表現したいなという思いはありました。その上でエモーショナルな形に仕上げる。それでも、遠くから見てすぐにプリウスだとわかるようにしたいと思っていました。プリウスは環境車ですが、この形が好きだから買ったよというお客さんが少しでも増えてくれればうれしいですね。

2015年9月に米国ラスベガスで初公開されるや、大胆なデザインが話題となった4代目「プリウス」。日本国内では同年12月に発売される。
2015年9月に米国ラスベガスで初公開されるや、大胆なデザインが話題となった4代目「プリウス」。日本国内では同年12月に発売される。
新型「プリウス」のフロントフェイス。そのデザインは、遊び心と美しさを兼ね備えるとアピールされる。
新型「プリウス」のフロントフェイス。そのデザインは、遊び心と美しさを兼ね備えるとアピールされる。
<プロフィール>
1992年入社。米国のデザインスタジオ「Calty Ann Arbor」赴任を経て、2011年からプリウスのプロジェクトチーフデザイナーを務める。過去に担当した主な車種は、初代の「サイオンtC」「ハイランダー」、3代目「シエナ」、2代目「アバンザ」など。
<プロフィール>
	1992年入社。米国のデザインスタジオ「Calty Ann Arbor」赴任を経て、2011年からプリウスのプロジェクトチーフデザイナーを務める。過去に担当した主な車種は、初代の「サイオンtC」「ハイランダー」、3代目「シエナ」、2代目「アバンザ」など。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る