BMW X1 xDrive20i xライン(4WD/8AT)

失ったものはなにもない 2015.11.28 試乗記 これまでのFR系プラットフォームに別れを告げ、新たにエンジン横置きのFF系プラットフォームを採用した新型「BMW X1」。その走りの実力と、大幅に進化を遂げたというパッケージングを確かめた。

シャシーもパワートレインも一新

うたい文句はSUVならぬ「SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)」。日本でも人気の高いBMW X1がおよそ6年ぶりにモデルチェンジした。

BMWのモデルチェンジだから、外観は旧型のイメージを引き継ぐが、それでも新型は一見して顔(フロントマスク)が前よりも濃くなり、サイドパネルのプレスラインは深く、シャープになった。Xシリーズの末席にお邪魔します、みたいだった控えめな先代より存在感が増したと思う。

旧型比で全長は-30mm、全幅は+20mm、全高は+35mmと、ボディーサイズに大きな変更はないが、中身のほうは土台から一新されている。FRからFFプラットフォームに変わったのである。横置きされるエンジンも、新世代の直噴モジュラーユニットに変わった。

発売第1弾は2リッター4気筒ターボの「20i」と「25i」。この両モデルにはオンデマンド四駆の「xDrive」が備わる。少し遅れてくる「18i」は前輪駆動だ。こんな立派な押し出しのSUV、じゃなくってSAVが1.5リッターの3気筒で動くという、なかなか楽しみなモデルである。

今回、試乗したのは20iの中位グレード、「xライン」(492万円)だ。

新型「X1」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4455×1820×1610mm。従来モデルと比べると、全長がやや短くなり、全幅と全高が拡大している。
新型「X1」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4455×1820×1610mm。従来モデルと比べると、全長がやや短くなり、全幅と全高が拡大している。
センタークラスターをドライバー側に傾けるなど、インストゥルメントパネルまわりはドライバーオリエンテッドなデザインとなっている。
センタークラスターをドライバー側に傾けるなど、インストゥルメントパネルまわりはドライバーオリエンテッドなデザインとなっている。
ラインナップは4WD車の「xDrive20i」「xDrive25i」とFF車の「sDrive18i」の3種類。それぞれに標準モデルと「xライン」「Mスポーツ」の3つの仕様が用意されている。
ラインナップは4WD車の「xDrive20i」「xDrive25i」とFF車の「sDrive18i」の3種類。それぞれに標準モデルと「xライン」「Mスポーツ」の3つの仕様が用意されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X1の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • 「BMW 2シリーズ グランツアラー」に装備充実の限定車 2017.1.18 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月18日、「BMW 2シリーズ グランツアラー」に、特別仕様車「218dクロスカントリー」を設定し、同年1月28日より200台限定で販売すると発表した。価格は492万円。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る