レクサスのミドル級セダンGSがマイナーチェンジ

2015.11.25 自動車ニュース
「レクサスGS350“Fスポーツ”」
「レクサスGS350“Fスポーツ”」

レクサスのミドル級セダン「GS」がマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2015年11月25日、レクサスブランドのミドル級セダン「GS」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

「GS350“Fスポーツ”」(写真は、ボディーカラーが「ヒートブルーコントラストレイヤリング」のモデル)
「GS350“Fスポーツ”」(写真は、ボディーカラーが「ヒートブルーコントラストレイヤリング」のモデル)
「GS450h“バージョンL”」のインテリア。
「GS450h“バージョンL”」のインテリア。
パフォーマンスダンパー(写真中央)のイメージ図。
パフォーマンスダンパー(写真中央)のイメージ図。
三段フルLEDヘッドランプ
三段フルLEDヘッドランプ
 
レクサスのミドル級セダンGSがマイナーチェンジの画像

今回のマイナーチェンジでは、ブレーキ冷却機能のあるスピンドルグリルや、ブレーキダクト部まで回りこんだメッキモール、新デザインのランプ類、削光輝処理を施した新たな18インチ/19インチアルミホイールなどにより、エクステリアに化粧直しが施された。
ボディーカラーは、新色のソニッククォーツや、“F SPORT”専用色ヒートブルーコントラストレイヤリングなどを加えた全11色を設定。「GS450“Fスポーツ”」と「GS350“Fスポーツ”」のFR車には、オレンジカラーの“Fスポーツ”専用ブレーキキャリパーが、オプションとして用意される。

インテリアについても、新開発のレーザーカット本杢や、伝統工芸の紋様を採り入れた本アルミのオーナメントパネルを設定。室内の随所に金属調の加飾やサテンメッキを採用し、本格セダンとしての品格ある室内空間を実現したという。

メカニズムについては、構造用接着剤とレーザースクリューウェルディングの使用およびスポット溶接の打点の追加により、ボディー剛性を大幅に強化。
さらに、ステアリング系パーツの剛性強化やサスペンションチューニングの最適化により、ダイレクトなステアリングフィールをさらに磨いた上で、乗り心地の改善が図られた。
また「GS350」には、新開発の3.5リッターV6「2GR-FKS」エンジンを採用。GS350のFR車には、ハンドリングをよりシャープにし、乗り心地と静粛性を向上させるパフォーマンスダンパーが標準で与えられた。

安全装備の充実も図られており、歩行者検知機能付き衝突回避支援タイプの「プリクラッシュセーフティ」や車線維持をサポートする「レーンキーピングアシスト(LKA)」、夜間歩行者の早期発見に寄与しロー・ハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム(AHB)」、そして先行車との車間距離を保ちながら追従走行する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」をパッケージ化した「Lexus Safety System+」が全車に搭載された。
FM多重放送により、これまで以上に正確なカーナビ情報や気象・災害情報を伝える「VICS WIDE」も装備。フロントシートヒーター、ステアリングヒーター、ラゲージドアイージークローザーの標準化と相まって、快適なドライブを提供するという。

モデルごとの価格帯は、以下の通り。
・GS250:551万7000円~652万4000円
・GS300h:615万3000円~716万円
・GS350:643万円~764万8000円
・GS450h:742万8000円~846万3000円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る