レクサスのミドル級セダンGSがマイナーチェンジ

2015.11.25 自動車ニュース
「レクサスGS350“Fスポーツ”」
「レクサスGS350“Fスポーツ”」 拡大

レクサスのミドル級セダン「GS」がマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2015年11月25日、レクサスブランドのミドル級セダン「GS」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

「GS350“Fスポーツ”」(写真は、ボディーカラーが「ヒートブルーコントラストレイヤリング」のモデル)
「GS350“Fスポーツ”」(写真は、ボディーカラーが「ヒートブルーコントラストレイヤリング」のモデル) 拡大
「GS450h“バージョンL”」のインテリア。
「GS450h“バージョンL”」のインテリア。 拡大
パフォーマンスダンパー(写真中央)のイメージ図。
パフォーマンスダンパー(写真中央)のイメージ図。 拡大
三段フルLEDヘッドランプ
三段フルLEDヘッドランプ 拡大
 
レクサスのミドル級セダンGSがマイナーチェンジの画像 拡大

今回のマイナーチェンジでは、ブレーキ冷却機能のあるスピンドルグリルや、ブレーキダクト部まで回りこんだメッキモール、新デザインのランプ類、削光輝処理を施した新たな18インチ/19インチアルミホイールなどにより、エクステリアに化粧直しが施された。
ボディーカラーは、新色のソニッククォーツや、“F SPORT”専用色ヒートブルーコントラストレイヤリングなどを加えた全11色を設定。「GS450“Fスポーツ”」と「GS350“Fスポーツ”」のFR車には、オレンジカラーの“Fスポーツ”専用ブレーキキャリパーが、オプションとして用意される。

インテリアについても、新開発のレーザーカット本杢や、伝統工芸の紋様を採り入れた本アルミのオーナメントパネルを設定。室内の随所に金属調の加飾やサテンメッキを採用し、本格セダンとしての品格ある室内空間を実現したという。

メカニズムについては、構造用接着剤とレーザースクリューウェルディングの使用およびスポット溶接の打点の追加により、ボディー剛性を大幅に強化。
さらに、ステアリング系パーツの剛性強化やサスペンションチューニングの最適化により、ダイレクトなステアリングフィールをさらに磨いた上で、乗り心地の改善が図られた。
また「GS350」には、新開発の3.5リッターV6「2GR-FKS」エンジンを採用。GS350のFR車には、ハンドリングをよりシャープにし、乗り心地と静粛性を向上させるパフォーマンスダンパーが標準で与えられた。

安全装備の充実も図られており、歩行者検知機能付き衝突回避支援タイプの「プリクラッシュセーフティ」や車線維持をサポートする「レーンキーピングアシスト(LKA)」、夜間歩行者の早期発見に寄与しロー・ハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム(AHB)」、そして先行車との車間距離を保ちながら追従走行する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」をパッケージ化した「Lexus Safety System+」が全車に搭載された。
FM多重放送により、これまで以上に正確なカーナビ情報や気象・災害情報を伝える「VICS WIDE」も装備。フロントシートヒーター、ステアリングヒーター、ラゲージドアイージークローザーの標準化と相まって、快適なドライブを提供するという。

モデルごとの価格帯は、以下の通り。
・GS250:551万7000円~652万4000円
・GS300h:615万3000円~716万円
・GS350:643万円~764万8000円
・GS450h:742万8000円~846万3000円

(webCG)

関連キーワード:
GSレクサス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2018.3.6 試乗記 エモーショナルな走りをテーマに掲げ、新たなプラットフォームを基に開発された新型「レクサスLS」。ハイブリッドのスポーティーモデルに乗ってみると、トヨタがこのクルマに込めた並々ならぬ意欲が伝わってきた。
ホームへ戻る