レクサスのミドル級セダンGSがマイナーチェンジ

2015.11.25 自動車ニュース
「レクサスGS350“Fスポーツ”」
「レクサスGS350“Fスポーツ”」

レクサスのミドル級セダン「GS」がマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2015年11月25日、レクサスブランドのミドル級セダン「GS」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

「GS350“Fスポーツ”」(写真は、ボディーカラーが「ヒートブルーコントラストレイヤリング」のモデル)
「GS350“Fスポーツ”」(写真は、ボディーカラーが「ヒートブルーコントラストレイヤリング」のモデル)
「GS450h“バージョンL”」のインテリア。
「GS450h“バージョンL”」のインテリア。
パフォーマンスダンパー(写真中央)のイメージ図。
パフォーマンスダンパー(写真中央)のイメージ図。
三段フルLEDヘッドランプ
三段フルLEDヘッドランプ
 
レクサスのミドル級セダンGSがマイナーチェンジの画像

今回のマイナーチェンジでは、ブレーキ冷却機能のあるスピンドルグリルや、ブレーキダクト部まで回りこんだメッキモール、新デザインのランプ類、削光輝処理を施した新たな18インチ/19インチアルミホイールなどにより、エクステリアに化粧直しが施された。
ボディーカラーは、新色のソニッククォーツや、“F SPORT”専用色ヒートブルーコントラストレイヤリングなどを加えた全11色を設定。「GS450“Fスポーツ”」と「GS350“Fスポーツ”」のFR車には、オレンジカラーの“Fスポーツ”専用ブレーキキャリパーが、オプションとして用意される。

インテリアについても、新開発のレーザーカット本杢や、伝統工芸の紋様を採り入れた本アルミのオーナメントパネルを設定。室内の随所に金属調の加飾やサテンメッキを採用し、本格セダンとしての品格ある室内空間を実現したという。

メカニズムについては、構造用接着剤とレーザースクリューウェルディングの使用およびスポット溶接の打点の追加により、ボディー剛性を大幅に強化。
さらに、ステアリング系パーツの剛性強化やサスペンションチューニングの最適化により、ダイレクトなステアリングフィールをさらに磨いた上で、乗り心地の改善が図られた。
また「GS350」には、新開発の3.5リッターV6「2GR-FKS」エンジンを採用。GS350のFR車には、ハンドリングをよりシャープにし、乗り心地と静粛性を向上させるパフォーマンスダンパーが標準で与えられた。

安全装備の充実も図られており、歩行者検知機能付き衝突回避支援タイプの「プリクラッシュセーフティ」や車線維持をサポートする「レーンキーピングアシスト(LKA)」、夜間歩行者の早期発見に寄与しロー・ハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム(AHB)」、そして先行車との車間距離を保ちながら追従走行する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」をパッケージ化した「Lexus Safety System+」が全車に搭載された。
FM多重放送により、これまで以上に正確なカーナビ情報や気象・災害情報を伝える「VICS WIDE」も装備。フロントシートヒーター、ステアリングヒーター、ラゲージドアイージークローザーの標準化と相まって、快適なドライブを提供するという。

モデルごとの価格帯は、以下の通り。
・GS250:551万7000円~652万4000円
・GS300h:615万3000円~716万円
・GS350:643万円~764万8000円
・GS450h:742万8000円~846万3000円

(webCG)

関連記事
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • 【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビュー 2017.4.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年4月11日、ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2017年4月12~23日)で初披露する「レクサスLS500“Fスポーツ”」の概要を発表した。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
ホームへ戻る