フォルクスワーゲン・ゴルフGTE(FF/6AT)

重く、静かなゴルフ 2015.11.30 試乗記 フォルクスワーゲン初のプラグインハイブリッド車「ゴルフGTE」に試乗。エコフレンドリーなだけでなく、「GTI」譲りのダイナミックな走行性能も兼ね備えているという同車の走りを、箱根のワインディングロードで試した。

電動化ゴルフ第1弾

フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル排出ガススキャンダルは収束の気配を見せるどころか、ガソリンエンジン車のCO2問題にまで広がってしまった。まったく今でも信じられない思いだが、とにかく一刻も早くすべてを明らかにしなければ、信頼回復も何も始まらない。言うまでもないことだが、ディーゼルエンジン自体に問題があるわけではなく、不正で違法なのはルールをないがしろにしたVWの行為である。この機に今後は欧州メーカーもディーゼルから電動化に舵(かじ)を切るだろう、というような論調で報じているメディアもあるが、それは短絡的というものだ。2020年に95g/kmというCO2平均排出量を目標に掲げているヨーロッパでは、現状では何らかの電動化を取り入れなければならないことは明らかだが、だからといってディーゼル車が短期間に電気自動車(EV)や、プラグインハイブリッド車(PHEV)に入れ替わると考えるのは現実的な話ではない。羹(あつもの)に懲りたVWがディーゼルを見放すという予測はあまりにも牽強(けんきょう)付会に過ぎるだろう。

まあ、PHEVのゴルフGTEの日本導入がこのタイミングになったのは何とも皮肉で勘ぐってみたくもなるが、そもそもVWグループジャパンは、既に1年以上も前にEVの「e-up!」と「e-ゴルフ」を発表している。ただし、今回の事件が明るみに出る前から実際の発売は伸び伸びとなり、現在も未定のままだ。理由として日本仕様の急速充電器への対応がまだ万全ではないという事情が伝えられている。結果的に、このGTEが日本で正式に発売された最初のモーター付きゴルフということになった。

「e-ゴルフ」の発売が延期されたため、「GTE」が日本で最初に販売された「モーター付きゴルフ」となった。車両価格は499万円。最大38万円の補助金が適用される。


	「e-ゴルフ」の発売が延期されたため、「GTE」が日本で最初に販売された「モーター付きゴルフ」となった。車両価格は499万円。最大38万円の補助金が適用される。
「GTI」のアクセントカラーが赤であるのに対し、「GTE」は青。ステアリングやシフトブーツなど、室内の随所に青いアクセントがちりばめられている。
「GTI」のアクセントカラーが赤であるのに対し、「GTE」は青。ステアリングやシフトブーツなど、室内の随所に青いアクセントがちりばめられている。
シート表皮は「GTI」によく似たタータンチェック柄のファブリック。ただし、こちらもアクセントカラーが青になる。
シート表皮は「GTI」によく似たタータンチェック柄のファブリック。ただし、こちらもアクセントカラーが青になる。
ボディーカラーは白、黒、シルバー、グレーなどモノトーン系が5色用意される。試乗車は有償オプションの「オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト」。
ボディーカラーは白、黒、シルバー、グレーなどモノトーン系が5色用意される。試乗車は有償オプションの「オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト」。
関連記事 ホームへ戻る