日産、セレナに自動緊急ブレーキを標準採用

2015.11.27 自動車ニュース

日産が「セレナ」に自動緊急ブレーキを標準採用

日産自動車は2015年11月25日、ミニバン「セレナ」の仕様を変更。同時に新グレード「ハイウェイスターSエディション」を設定し、販売を開始した。

今回の仕様変更では、エントリーグレードの「20S」にエマージェンシーブレーキを標準で装備。これにより、セレナは全グレードでエマージェンシーブレーキが標準装備されることとなった。

同時に設定された新グレードのハイウェイスターSエディションは、「20S」をベースに「ハイウェイスター」専用エクステリアを装着するとともに、助手席側ワンタッチオートスライドドアや、プッシュエンジンスターター、UVカット率約99%のスーパーUVカットガラス(フロントドア)を採用したものである。

仕様変更を受けた20Sと、新グレードのハイウェイスター Sエディションの価格は以下の通り。

・20S(FF):228万5280円
・20S(4WD):256万6080円
・ハイウェイスター Sエディション(FF):239万8680円
・ハイウェイスター Sエディション(4WD):267万9480円

(webCG)
 

「日産セレナ ハイウェイスターSエディション」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セレナの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.10.26 試乗記 日産の人気ミニバン「セレナ」がフルモデルチェンジ。最上級グレード「ハイウェイスターG」に試乗して見えてきた、最新型の実力とは? 走りの質に燃費、各席の乗り心地など、項目ごとに詳しくリポートする。
  • 日産セレナG(FF/CVT)【試乗記】 2016.9.16 試乗記 日産のミドルクラスミニバン「セレナ」が5代目にフルモデルチェンジ。「デュアルバックドア」や「ハンズフリーオートスライドドア」、話題の運転支援システム「プロパイロット」など、新機軸が満載の新型の実力を試した。
  • 日産セレナ(後編) 2016.8.24 画像・写真 新型「日産セレナ」には、標準車と「ハイウェイスター」の2つのデザインが用意されるほか、オーテックジャパンのカスタムカー「ライダー」も販売される。標準モデルの上級グレード「セレナG」と、「セレナ ライダー」の特別仕様車を写真で紹介する。
  • 「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド」が価格.comプロダクトアワードの金賞を受賞NEW 2016.12.1 自動車ニュース 商品の購買支援サイトを運営するカカクコムは2016年12月1日、ユーザーが満足度の高い製品を選ぶ「価格.comプロダクトアワード2016」で、自動車部門の金賞に「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド」が選出されたと発表した。
ホームへ戻る