マクラーレン675LT(MR/7AT)

オーナーに嫉妬する 2015.12.02 試乗記 サーキットでの走りを追求した、世界限定500台の高性能モデル「マクラーレン675LT」を富士スピードウェイでフラットアウト。0-100km/h加速2.9秒、最高速330km/hという英国製スーパースポーツカーの実力を堪能した。

見た目にはわかりづらいが

1997年に登場した「マクラーレンF1 GTRロングテール」を間近に見た者のひとりとして言わせていただければ、マクラーレン・オートモーティブのニューモデルである675LTは“ロングテール”とあえて呼ばなければいけないほどテールは長くないように思う。

そもそもF1 GTRロングテールは、ロードカーとは名ばかりでレース専用に開発されたに違いない各メーカーのGT1車両に対抗するため、リアオーバーハングをオリジナルの599mmから1090mmへと実に491mmも延長することで、エアロダイナミクスを改善したモデルである。そこには、見た目の美しさや日常的な使い勝手への配慮などなく、あるのはただレースでライバルを打ち破りたいという一念だけ。そのおかげもあって、F1 GTRロングテールは1997年のルマン24時間でGT1クラス優勝の栄冠を勝ち取った(総合優勝はTWRポルシェ)ものの、FIA GT選手権では計5勝を挙げながらもメルセデス・ベンツの牙城を崩すには至らなかったという、ある意味で悲運のモデルでもあった。

それに比べれば、675LTのデザインはずっとまとまりがあって美しい。ちなみにベースとなった「650S」との全長の差はわずかに34mm。そのほとんどがリアセクションの延長に充てられたはずだが、それにしても“拡大分”はF1 GTR ロングテールの10分の1にも満たない。いっぽうで、ボディーパネルは全体の35%を新造して650Sを40%も上回るダウンフォースを実現したほか、シャシー関連の30%、パワートレインの10%を新規開発することで、もともと軽量な650Sから車重をさらに100kg削り取るなど、675LTのスペックは見た目の印象が変わらない割には大きな進化を遂げている。では、675LTはどのような役割を担って誕生したモデルなのか? 

「650S」のさらなる高性能モデルとして登場した「675LT」。車名の「LT」とはロングテールの意で、1997年に登場した「F1」の高性能モデル「F1 GTRロングテール」にあやかったものだ。
「650S」のさらなる高性能モデルとして登場した「675LT」。車名の「LT」とはロングテールの意で、1997年に登場した「F1」の高性能モデル「F1 GTRロングテール」にあやかったものだ。
1997年のルマン24時間レースでクラス優勝を果たした、「F1 GTRロングテール」。
1997年のルマン24時間レースでクラス優勝を果たした、「F1 GTRロングテール」。
「675LT」は2015年3月のジュネーブショーで世界初公開され、日本では同年5月に初披露された。
「675LT」は2015年3月のジュネーブショーで世界初公開され、日本では同年5月に初披露された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

675LTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マクラーレン650S スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2014.7.22 試乗記 主力のスーパースポーツ「12C」とスペシャルモデル「P1」の技術が盛り込まれた、マクラーレンの最新作「650S」。その実力や、いかに? オープンバージョン「650S スパイダー」に、一般道で試乗した。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • マクラーレン、「720S」をジャパンプレミア 2017.3.8 自動車ニュース マクラーレン・オートモーティブは2017年3月8日、東京・港区のマクラーレン東京ショールームで、第2世代のマクラーレン・スーパーシリーズの「720S」を発表した。車両価格は3338万3000円からで、デリバリーは2017年7月に始まる予定。
  • 【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開 2017.3.8 自動車ニュース 独アウディがジュネーブショーで高性能スポーツクーペの新型「RS 5クーペ」を発表した。エンジンには新開発の2.9リッターV6ツインターボを搭載しており、0-100km/h加速が 3.9秒、最高速が280km/hという動力性能を実現している。
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
ホームへ戻る