ホンダ、新型「CR-V」の北米仕様を発表【LAショー2011】

2011.11.17 自動車ニュース

【LAショー2011】ホンダ、新型「CR-V」の北米仕様を発表

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、2011年11月16日のプレスデイで開幕したロサンゼルスオートショーで、新型「CR-V」の北米仕様を発表した。全米で12月15日に販売が始まる予定。

通算で4代目となる新型には、フロントからリアまで滑らかに流れる中に、力強さや存在感を表現したエクステリアデザインを採用した。室内にはワイドなフロントシート、大型コンソール、ワンタッチで収納可能なリアシートなどを用意し、快適で実用性の高い空間とした。また、クロスオーバー車らしい高めのアイポイントを維持しつつ、全高を従来モデルより30mm下げることで、ドライバーに安心感を与える走りを実現したという。

搭載するエンジンは2.4リッターのDOHC i-VTECユニット(185ps)。駆動方式にはFFと4WDの2種類があり、4WDシステムは走破性だけでなく燃費性能も高めた新開発のものを採用している。燃費はFF車が都市部9.8/リッター、高速道路13.2km/リッター、4WD車が順に9.4/リッター、12.8km/リッターと発表されている。

さらに、ドライバーの安全を目的として、オーディオにSMS(ショート・メッセージ・サービス)機能を米国で初めて採用した。事前登録した6種類の返信用メッセージを瞬時に送ることができるという。

(webCG 竹下)

関連キーワード:
CR-Vホンダロサンゼルスモーターショー2012イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダが新型「CR-V」に関する情報を先行公開 2018.6.8 自動車ニュース 本田技研工業は2018年6月8日、同年夏に発売を予定している新型「CR-V」に関する情報を、同社のウェブサイトで先行公開した。CR-Vは、1995年にSUVの先駆けとして登場。現在は世界160カ国以上で販売される、ホンダを代表するグローバルモデルとなっている。
  • ホンダ(四輪) 2017.10.25 画像・写真 本田技研工業は、第45回東京モーターショーの会場において、「スポーツEVコンセプト」「アーバンEVコンセプト」などのコンセプトカーを披露した。その姿を写真で紹介する。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • 徹底したキープコンセプトは何のため?
    新型「Gクラス」の開発キーマンに話を聞いた
    2018.6.13 デイリーコラム いよいよ日本でも発表された新型「メルセデス・ベンツGクラス」。“孤高のオフローダー”が、40年ぶりのフルモデルチェンジによって手にしたもの、そして失ったものとは!? 本国ドイツで開発を主導したミヒャエル・ベルンハルト氏に話を聞いた。
  • 40年目でのフルモデルチェンジ! 新型「メルセデス・ベンツGクラス」発売 2018.6.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年6月6日、フルモデルチェンジした新型「メルセデス・ベンツGクラス」を発表し、同日より受注を開始した。顧客への納車は8月下旬以降となる見込み。
ホームへ戻る