ホンダ、新型「CR-V」の北米仕様を発表【LAショー2011】

2011.11.17 自動車ニュース

【LAショー2011】ホンダ、新型「CR-V」の北米仕様を発表

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、2011年11月16日のプレスデイで開幕したロサンゼルスオートショーで、新型「CR-V」の北米仕様を発表した。全米で12月15日に販売が始まる予定。

通算で4代目となる新型には、フロントからリアまで滑らかに流れる中に、力強さや存在感を表現したエクステリアデザインを採用した。室内にはワイドなフロントシート、大型コンソール、ワンタッチで収納可能なリアシートなどを用意し、快適で実用性の高い空間とした。また、クロスオーバー車らしい高めのアイポイントを維持しつつ、全高を従来モデルより30mm下げることで、ドライバーに安心感を与える走りを実現したという。

搭載するエンジンは2.4リッターのDOHC i-VTECユニット(185ps)。駆動方式にはFFと4WDの2種類があり、4WDシステムは走破性だけでなく燃費性能も高めた新開発のものを採用している。燃費はFF車が都市部9.8/リッター、高速道路13.2km/リッター、4WD車が順に9.4/リッター、12.8km/リッターと発表されている。

さらに、ドライバーの安全を目的として、オーディオにSMS(ショート・メッセージ・サービス)機能を米国で初めて採用した。事前登録した6種類の返信用メッセージを瞬時に送ることができるという。

(webCG 竹下)

「ホンダCR-V」
「ホンダCR-V」

ホンダ、新型「CR-V」の北米仕様を発表【LAショー2011】の画像

ホンダ、新型「CR-V」の北米仕様を発表【LAショー2011】の画像

ホンダ、新型「CR-V」の北米仕様を発表【LAショー2011】の画像

ホンダ、新型「CR-V」の北米仕様を発表【LAショー2011】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CR-Vの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダが北米向け新型「CR-V」を発表
    2016.10.14 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年10月13日(現地時間)、北米向け新型「CR-V」を発表した。発売は今冬を予定している。
  • ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)【試乗記】 2011.12.15 試乗記 ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)
    ……310万円/325万円

    フルモデルチェンジを受け、4代目に生まれ変わった「CR-V」。2.4リッターモデルに加え、日本仕様のみに2リッターモデルが追加された。新型はどんな進化を遂げたのか。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る