ダイハツ、ハイゼットとアトレーワゴンを改良

2015.12.01 自動車ニュース
新色の「トニコオレンジメタリック」が採用された「ダイハツ・アトレーワゴン」。
新色の「トニコオレンジメタリック」が採用された「ダイハツ・アトレーワゴン」。

ダイハツが「ハイゼット」と「アトレーワゴン」を一部改良

ダイハツ工業は2015年11月30日、軽商用車の「ハイゼット カーゴ」と「ハイゼット カーゴ デッキバン」、および軽ワンボックスの「アトレーワゴン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

■快適性を高めるUV&IRカットガラスを設定

今回の改良では、IR&UVカットガラス(フロントウィンドウ)やスーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)などからなる「ビューティーパック」のオプション設定や、スピーカーサイズの拡大などの変更が施されている。

モデルごとの改良の内容は、以下の通り。

ハイゼット カーゴ
・ビューティーパック設定(IR&UVカットガラス<フロントウィンドウ>+スーパーUV&IRカットガラス<フロントドア>+トップシェードガラス+バニティーミラー<運転席>)
・スピーカーサイズ拡大(10cm→16cm)
・純正ナビ、ドライブレコーダー、バックカメラ装着用プリワイヤハーネス追加
・リアシート後席自動ロック追加

「ハイゼット カーゴ デッキバンGL」
「ハイゼット カーゴ デッキバンGL」

ハイゼット カーゴ デッキバン
・特別仕様車「G“リミテッド”」を標準グレード「GL」として設定
・スピーカーサイズ拡大(10cm→16cm)
・純正ナビ、ドライブレコーダー装着用プリワイヤハーネス追加

アトレーワゴン
・ボディーカラーに新色を設定(トニコオレンジメタリック、アーバンナイトブルークリスタルメタリック、タングステングレーメタリック)
・ビューティーパック設定(IR&UVカットガラス<フロントウィンドウ>+スーパーUV&IRカットガラス<フロントドア>+トップシェードガラス)
・スピーカーサイズ拡大(10cm→16cm)
・純正ナビ装着用プリワイヤハーネス追加

価格は、ハイゼット カーゴが93万6000円~146万7257円、ハイゼット カーゴ デッキバンが114万1714円~145万5943円、アトレーワゴンが140万4000円~173万8286円。

(webCG)
 

関連キーワード:
アトレーワゴンダイハツ国産その他自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • スズキ、新型クロスオーバーの「クロスビー」を発表 2017.12.25 自動車ニュース スズキが新型車「XBEE(クロスビー)」を発表。ワゴンとSUVの融合をうたったクロスオーバーモデルで、コンパクトでありながら大人5人が乗れる居住性と積載性を実現。180mmの最低地上高と走行モード切り替え機構により、十分な走破性もかなえているという。
  • 最高出力510psの「メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ」が登場 2018.1.11 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年1月10日、「メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ」に、「メルセデスAMG GLC63 4MATIC+」「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+」「メルセデスAMG GLC63 4MATIC+クーペ」「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+クーペ」を追加し、同日、注文受け付けを開始した。
ホームへ戻る